Iphoneの修理はどのようなタイミングで行うべきなのか?

[公開日:2022/06/07]
iPhoneには寿命があり、その寿命を迎えてしまうとバッテリーのみならず様々な部分で障害が発生してしまいます。
 
中でもバッテリーの寿命は充電回数500回程度と言われており、毎日充電しているとすると約1年半から2年が期限でしょう。
 
例えば、充電が満タンでありながらも充電しながら長時間操作していたり夜寝ている間ずっと充電しているなどの場合はバッテリーの寿命を縮める原因になる事があります。
 
ではそのようなアイフォンの修理は一体いつ行えばよいのでしょうか。
基本的にはアイフォンが使用途中でいきなりフリーズして動かなくなる、勝手に強制終了される、電源がいきなり切れる、といった普段なら起こるはずのない操作が勝手にアイフォン内で起こっている場合は修理に出した方が良いと思われます。
 
通常であれば一切問題もないですし、わざわざ修理する必要があるかどうか見てもらう必要もないので実際に異変を感じてから修理に出せば問題ないでしょう。
 
また、誤ってアイフォンを水没させてしまったとき、水没後何も異常がなかったとしてもiphone内で何らかの異変が生じている事は間違い無いので修理に出して見てもらう方が良いかもしれません。
 
他にも何か少しでも異変を感じた時はすぐに修理に出すことをオススメします。

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2 リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧