iPhoneの画面が突然真っ暗になる原因と対策

[公開日:2023/05/29]
皆様おはようございます。
 
iPhoneを使っていて、
 
「突然画面が真っ暗になった」、「どのボタンを押しても起動しない」などの
 
症状が起こったことはありませんか?
 
今回は画面が真っ暗になる原因と対処法についてご紹介します!
実は普段何気なくしているその操作が原因の可能性があります。
 
 
 
画面が真っ暗になる症状の原因とは?
 
この症状の原因は大きく2通りあげることができます。実際は、電源は入っているが画面が真っ暗な状態である場合。
もう一つが、電源が入っていない、入らなくなってしまったという場合です。
 
 
  • 非純正の充電器での充電
 
非純正の充電器を利用することで、突然画面が真っ暗になることがあります。
最近特に多いのは、社債の充電器を利用していたら突然!というご相談を頂きます。
しばらくは問題なく利用できていても、ある日突然画面が真っ暗というケースが多いようです。
 
対策はシンプルに、純正の充電器を利用する!です。
Apple社がiPhoneの充電のために専用で作った充電器が一番安心です。
 
  • バッテリー切れ
 
バッテリーの充電切れが原因で画面が真っ暗になっているかもしれません。数パーセントの充電が残っていても、電波状況や裏側で複数のアプリが起動していることで、一気にバッテリーを消耗して残充電が0になってしまうことがあります。
 
 
 
急激に電池を消耗してしまったことに気づかず、ブラックアウトしているとあせってしまい故障を疑うかもしれません。
 
 
 
その場合は、サイレントボタンを押してみてください。振動があるか、音が鳴っているかを確認しましょう。
 
 
 
何も反応を感じることができなければ、バッテリー切れが原因かもしれません。バッテリー切れが原因なのであれば充電することで改善します。
 
 
 
  • バックライトが切れている
 
iPhoneのバックライトが全く点いていないと、画面は真っ暗になってしまいます。側面にある、消音モード(マナーモード)スイッチを切り替えてみてください。
 
 
 
マナーモード設定している場合は、切り替えることで振動が起きますので、振動があれば電源は入っていることになります。強制再起動することで改善することがあります。
 
 
 
このように、画面が真っ暗なのに動く場合は、バックライトが切れていることが原因と考えられます。
 
 
 
  • ディスプレイケーブルが外れている
 
iPhoneの内側にある画面と本体を接続しているケーブルが外れている、
または断線していることが原因で画面が真っ暗になっているかもしれません。
 
落下させてしまったり、強い衝撃が加わったりすることで、ディスプレイケーブルが外れることがあります。
 
 
 
断線だけが起こることに関しては稀なことで、ほとんどがガラス割れや液晶割れが一緒になっています。
その場合は修理の必要があります。
 
 
 
  • 水没している
 
水没による基盤の損傷やショートが原因で画面が真っ暗になることがあります。
水に落とした覚えがない場合でも、お風呂に入りながら使用することで湯気、水蒸気が原因で水没してしまうことがあります。
 
 
 
また、画面が割れているままで使用されている方もいるかと思います。
ひび割れたまま使用することで通常であれば心配のない水分がiPhone内部に入り込んでしまいます。
その場合は修理が必要です。最悪修理が不可な場合もございます。
梅雨が近づいてきてますので、ご注意ください。
 
 
 
  • システムの不具合
 
iPhoneのソフトウェア(iOS)やシステムに問題が起きたことが原因で、画面が真っ暗になってしまうことがあります。iOSアップデート時に不具合が出ることがあります。
 
 
 
例えば、iOS13にアップデートした際に、アプリが動かない、アップデートが終わらない、iPhoneが起動しないなどの問題が報告されています。
これらの問題は、強制再起動することで、改善することがあります。
 
 
 
対処法を試しても直らない場合は?
 
ソフトウェア関連の場合は強制再起動で直るケースがあります。
 
しかし、バックライトや基盤等、ハードウェア関連が問題の場合は修理に行くことが必要なケースが多いです。
 
 
 
当店なら、画面が真っ暗になってしまう症状にも対応しております!
 
ぜひお気軽にお問い合わせください♪

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧