プール・海にiPhoneを持っていく際は要注意!!


[公開日:2021/08/02]

こんにちは。iPhone修理ダイワンテレコム盛岡店です!

当店はJR盛岡駅から徒歩1分!盛岡フェザン本館1階にございます。

 

当店ではご契約者ご本人様でなくても修理が可能です。

帰省中の方や出張の方も当店で修理対応可能!お気兼ねなくご来店ください。

 

さて、夏も盛り上がってまいりまして

海やプールに出かける方も多いのではないでしょうか。

必需品といえばやっぱりiPhone、スマートフォン。

せっかく出かけて写真を撮らない方ってかなり少ないと思います。

 

そんなスマートフォン、防水バックに入れて一緒にプールや海に入るのは危険かもしれません。

ちょっと防水バックの口が開いていて、ちょびっと水が入っただけで水没してしまったというスマートフォンが後を絶ちません。

 

水道水と違って、プールや海で水没した端末は基板の腐食が激しく

基板修理が必須となってしまうことが多いのです。

海での水没

「海で水没したスマートフォンの修理は行っておりません」

と、断っている修理業者さんもあるほど修理が困難な海での水没。

海で水没したスマホ、内部を開けてみると塩が大量に入っているんです。

そして錆びるのが早いです。水没したのは数時間前、って方でももうネジが茶色く錆びています。

海で水没したスマホの修理は、パーツの交換だけで収まらないことが多く

困難かつ高額になってしまいます。

 

 

プールでの水没

プールでの水没は比較的、パーツの交換のみで直ることが多いです。

ただ、塩素が入っているのでどうしても故障個所は多くなってしまいがち。

最悪基板の破損もあり得ますので要注意です。

 

水没で壊れやすいパーツが

・液晶

・カメラ

・バッテリー

他は比較的少なく、水没したら交換を覚悟した方がいいのが上記3点ですね。

そもそもiPhoneは水道水でも水没する

耐水シールの劣化により、お風呂での使用でカメラレンズが曇ってしまった画像です。

 

iPhoneは完全防水と考えている方が結構多いのですが

iPhoneは経年劣化で、内部に貼ってある耐水シールが弱くなっていきます。

そのため、水道水や雨などでも水没してしまうことも。

これはアップルの公式HPでも説明がありますので、

iPhoneは完全防水ではないということがわかりますね。

 

 

海。プールに持っていくのはOK。でも…

海やプールに持って行って写真を撮るのはもちろんOK。

ですが、絶対に海水や塩素水にはつけないよう、お願いします!

 

あと、端末を直射日光下で放置をして熱くなったからといって

氷水の入ったクーラーボックスに入れるのもNGです。

 

熱くなったスマートフォンは、

湿気のない日陰で操作をせず放置をしてあげてくださいね。

Photo:ぱくたそ

この記事を書いた店舗情報

盛岡店

020-0034
岩手県盛岡市盛岡駅前通1−番44号 盛岡フェザン 本館 1階

019-613-8665

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧