iPhoneが水没したら?絶対にやってはいけない事

ふじみ野、富士見、三芳、川越近隣にお住いの皆様こんにちは!

iPhone修理ダイワンテレコムふじみ野イオン大井店でございます。

 

iPhoneをお使いの皆様に質問です!

iPhoneを水没させてしまった事、ありますか?

 

お風呂に落とした

海やプールに落とした

雨に濡らしてしまったなど。。

意外と多いケースでは、汗や湿気で徐々に水没の反応が出てしまうケースもあります。

私の体験では、バックの中でペットボトルの蓋が開いてしまい、バックに入っていたiPhoneが水没してしまった、という事がありました(泣)

 

iPhoneが水没してしまった瞬間

もうこの世の終わりという感じですね。

とりあえず乾かしたり

電源つくか確認したり、していませんか?

 

ちょっと待った!!

 

そのiPhone、まだ生き返る可能性があるのに

間違った応急処置によって、iPhoneを逆に壊しているかもしれません。

 

という事で今回は

iPhoneが水没してしまったときにしてはいけない事をご紹介していきます(^^♪

 

 

その① ドライヤーで乾かす

これ、ついつい焦って早く乾かそうとやってしまいがちですね!

実はこれ、NGです!

 

ドライヤーの一般的な温度は100度~120度にも上ります。

iPhoneをはじめとするスマートフォンは精密機械のため

高温に非常に弱いという特徴があります。

 

特にiPhone内部の『基盤』

(人間でいえば心臓部分ですね)

ここが高熱でショートしてしまうと、もうその場で復旧するのは不可能です。

 

さらに

ドライヤーで水分を逃がしているつもりが

実は内部へと水分を送り込んでしまっているかもしれません!

 

よってドライヤーで乾かすので絶対にやめましょう!

その② 電源をつける

これはご存じの方も多いと思いますが

絶対にすぐ電源をつけてはいけません。

(水没しても電源がついているからとそのままにしてもいけません)

 

電源がついているという事は

『通電』しているという状況です!

 

内部が濡れたまま電源をつけてしまうと

基盤がショートして壊れてしまう危険があります。

 

よくあるのが

少し乾かしたら、電源がつくか気になって、

つけたり消したりを繰り返してしまう行為

これもiPhoneにとって良くありません。

不安な気持ちは分かりますが

電源は半日以上はつけないようにしましょう。

 

 

その③ 冷蔵庫に入れる

こちらも乾燥しようとやってしまう方は多いですがNGです!

 

確かに、冷蔵庫の中は乾燥しています。

しかし、問題なのは『温度と結露です』

 

冷蔵庫内の温度は平均0度~5度

これはiPhoneにとってよくありません。

iPhoneの適正温度は16度~21度とさせており

極端な寒さや暑さはiPhoneが壊れてしまう原因にもなります。

また冷蔵庫は結露も多いあるため、置き場所によっては乾燥するどころか

余計に濡れてしまうという可能性もあるためおススメできません。

 

 

ではどうすれはよいのか

iPhoneが水没してしまったら

まず電源を切りSIMカードも取り出します。

そしてジップロックなど密閉性のある袋にいれて

その中に乾燥剤を入れる。

 

そしてここで半日ほど電源をつけずに我慢。

その後、電源を入れてみる。

 

ここで電源がつけば良いのですが

つかない場合は、なるべく早めにお近くの修理店に持っていくのがおススメです!

 

修理店ではiPhoneを分解して、乾かす作業が可能です。

 

ダイワンテレコムふじみ野イオン大井店では

基盤の洗浄も行っております。

この記事を書いた店舗情報

ふじみ野イオン大井店

356-0050
埼玉県ふじみ野市ふじみ野1-2-1イオン大井店3F

080-4372-5154

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中