恐ろしい水没・・・

こんにちは!iPhone修理のダイワンテレコム成田店です☆

皆さんもご存知の通り、iPhoneはとても繊細な精密機器。そんな精密機器の天敵と言えば「水」ですね!

ですが案外水没させてしまった、というご相談も少なくありません。本日は水没について知っておいていただきたいことをご紹介します☆

防水機能は完璧ではない!?

iPhone7以降の機種には防水機能がついています。

ですが、「防水」と言っても、それを100%信用して安心してしまうのはとても危険

もちろんAppleが防水性能に関して、誇張したりうそをついているわけではありません。新品のiPhoneであれば、公式で提示しているレベルの防塵防水性能が期待できます。

ですが、iPhoneも長いこと使っていれば当然経年劣化が起こります。劣化の度合いはそれぞれ違いますが、頻繁にお風呂場で使用していたり、温度差がはげしい場所での使用など、比較的過酷な環境下での使用は本体の劣化はもちろん、防水機能の劣化も早めてしまうのです。

1年程度で防水機能がほぼ機能していなかった、なんてことも。

雨濡れ程度でも水没します!

iPhoneを雨の日に外で使用する方、少なくないと思います。駅で乗り換え案内を見たり、待ち合わせの連絡をしたり。

雨以外にもテーブルに置いてあったお茶をこぼしてiPhoneにかかってしまったり。

どちらも「水の中に落とした」わけではないので問題がなさそうですが・・・画面が割れていたりヒビが入っている方要注意!

iPhoneには本来、画面と本体が接着している箇所以外水が浸入する経路はほぼありません。防水機能は、この部分に特殊な接着剤で加工して水が入りにくいようになっているのですが、画面が割れている場合はとっても無防備。

その割れやヒビの部分から簡単に水が浸入できてしまうのです。

最悪の場合、たった一滴の水でもたまたま致命傷となり得る箇所に侵入しあっという間に水没反応を起こし電源が入らなくなる、なんてことも珍しくありません。

画面割れはこのようなトラブルのもとにもなり得るので、早急に修理することをお勧めします。

こんなことで水没するなんて・・・

水の中にも落としていない、水の侵入経路はほぼ無い状態なのに水没・・・あり得ないと思いますか?あり得るんです!

それは内部で結露が発生したときです。

近頃のアプリは、グラフィック性能が高いものなど、iPhoneに負荷をかけてしまうもが多くあります。その結果iPhoneが熱を持ってしまう、なんて経験がある方も多いですよね。

iPhoneは先ほど書いたように、特殊な接着剤で隙間を埋めているので密閉性がとても高いのですが、PCと違ってファンがついていない為、熱が逃げにくいというデメリットがあります。その為異常に熱くなってしまうということがあるのですが、その時に稀に見かける「保冷剤や冷えピタで冷やす」という行為。絶対ダメ!!!!

iPhoneの内部は小さなパーツがたくさん詰まっていますが、真空ではないのでわずかながら空洞はあります。そんなiPhoneが急に冷やされると・・・

そうです、結露が発生するのです。それを繰り返すことで知らず知らずのうちに致命的な箇所に水が入り込み水没・・・。

特に防水性能が高いことでお風呂場へ持ち込む方もいるかと思いますが、冬場は思っている以上に浴室と脱衣所の温度差は大きいです。これも結露発生の原因のひとつ。

使用する環境によってはこんな事例も起こり得るので注意が必要です!

相談してください☆

もしiPhoneを水の中に落としたり、水に濡らしてしまったときは、電源が入っていても、すぐに電源を落とし、触らずに乾燥させてください!

絶対に充電器には接続しないこと。

そしてその後すぐにダイワンテレコム成田店へご相談ください。

自己判断で使用を続けていると、どんどん奥へ水が入り込み、まったく電源が点かなくなってデータを取り出すことすらできなくなるということが起こります。

水没修理は時間勝負!早急な対応を心掛けてください!

この記事を書いた店舗情報

成田店

286-0029
千葉県成田市ウイング土屋24 イオンモール成田店 1階

070-1595-6404

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中