防水を過信していませんか?

[公開日:2021/11/23]

こんにちは★

iPhone修理ダイワンテレコムリーフウォーク稲沢店です✨

本日のトークテーマは「防水」についてです❕

今となっては当たり前のように耐水機能が備わっているiPhoneですが

実は搭載されたのはiPhone7からなのです。

それ以前の機種をお使いの方は防水機能はありません。

 

Androidや3Gケータイなどには結構前から防水機能が付いているものも多く

「なんでiPhoneだけ防水じゃないんだ・・・」と思っていた時期が私にもありました。

 

そんな中iPhone7から耐水機能が備わってうれしくも思いました。

今日は耐水機能はあるけれど実はその使い方間違っているかも❓というものをご紹介しようと思います。

そもそも耐水って何?

 

 

タイトルの通りですが、耐水って何❓という話です。

根拠として耐水テストというものがあるのですが

その耐久テストで等級というものが存在します。

 

IP○○等級というような表記になります。

iPhoneはIP67~68等級に適合していますが

それぞれのシリーズにより耐水のテスト内容、性能が異なります。

ご自身のお使いのシリーズが実際にどれ位まで耐えられるのかAppleの公式HPに

記載があるので実際に確認してみてください。

 

簡単に説明すると

水深1mで最大30分

水深2mで最大30分

水深4mで最大30分

という性能になります。

水深が深くなる方が販売時期が新しいものになります。

ではそれを踏まえたうえで、どういった使い方が間違っているのでしょうか❓

その使い方危ない!今すぐやめましょう!

耐水だからだろうと、大体の方がやってしまっていると思うのですが

 

実はお風呂での使用は適していません!!!

 

!?

 

知らなかった方も多いと思います。

 

あとは海水浴など、海にも適していません。

 

その理由としては耐水テストの内容にあります。

「常温かつ真水」でのテストになるので

海水はもちろんお風呂の温度や浴室の湿度などは想定されていません。

なので知らず知らずのうちにiPhoneを弱らせて水没故障ということにもなりえます。

 

耐水機能ついてるのに水没故障した!!!とクレームを言っても

そもそもの想定外の使用環境なので受け付けてもらえないと思います。

 

でも、どうしても長風呂するならお風呂にiPhoneを持ち込みたい方もいると思います。

そういった方は市販で防水のケースが販売されているのでそういったものを

使用されるといいかと思います✨

iPhoneを意図的に壊される方はいません。

大事に使って、未然に故障を防ぐことはできます。

ぜひ一度ご使用方法を見直してみてください❕

それでもどうしても壊れてしまうこともあると思います。

 

その時は当店が皆様のお力になれればと思います^^

 

今日はこのあたりで失礼いたします♪

Photo:いらすとや

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2 リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧