iPhoneが水没してしまった時の応急処置

[2018/05/04]

 

みなさんこんにちは!奈良県奈良市三条町のダイワンテレコム奈良店です!

 

今回は意外と知られていない水没した時の応急処置についてご紹介します!

 

まず水没したらやるべきこと

 

かなり絶望的な水没した際でもいくつかその場でできることがあります。

これらの処置をしたかしないかでは大幅に復旧率が変わってきます!

 

1.iPhoneの電源をオフにする。

なんにしてもまずはすぐにアイフォンの電源をオフにしてください!

iPhoneは精密機械ですから水に濡れたまま電源を入れるといろいろな部分でショートを起こしてしまいます。

「水没しても昨日までは普通に使えてたんだけど」というお客様が時々いらっしゃるのですが厳密にいうとNGです。

水没したら絶対にiPhoneの電源を入れないということを徹底してください!

操作できなくて電源が切れないということもあるかと思いますがそういうときは機種別にある強制シャットダウンの方法を取ってください。一瞬画面を点けてでも電源を切ったほうがより復旧率は高まります

 

2.カバーやアクセサリはすべて外す

アイフォンに装着しているカバーやアクセサリの材質や特性によってはアイフォン内部に水が入るのを助けてしまう恐れがあります。

一番確実なのはすべて外した状態なので一旦全部外しましょう。

 

3.水分を拭き取る

iPhoneイヤホンジャックの中やスピーカー、ホームボタン付近、充電コネクタの中などは水が残りやすいので綿棒などで丁寧に水を拭き取ってください。

この手順をやっているかどうかでかなりアイフォンの復旧率が変わってきます。水が入っていたとしてもホームボタンの交換だけで済んだり症状を軽度に抑えることができます。

 

4.SIMカードを抜き取る

SIMカードはデータ通信や電話をするために重要なパーツなのでこれもしっかり水分を拭き取る必要があります。

iPhone右側にある小さい穴に細い棒を入れるとSIMカードのケースが出てきます。

あまりゴシゴシ拭くとSIMカードを痛めてしまう原因になりますので軽く水気を取る程度で問題ありません。

 

5.iPhoneを乾燥させる

目に見える部分は拭き取れてもアイフォンの内部に水が残ってしまっていることがあります。

そのまま電源を入れると最初に書いたようにショートの原因になりますのでジップロックなどの密閉できる容器に乾燥剤とiPhoneを一緒に入れておいてください。

乾燥剤が理想ですが、すぐに見つからない場合は吸湿性のいいものと一緒に入れればOKです。中にはお米とアイフォンを一緒に保管して乾燥させて復旧したという事例もあります!

お急ぎの用事があって電源を入れないといけない場合でも最低1日は乾燥させてから電源を入れた方が安全です。

 

以上が専門知識が無くても出来る効果的な応急処置になります!

これらを実践しながら極力早くダイワンテレコム奈良店にお持ちいただければ復旧率もかなり高まります。

 

絶対やってはいけないこと

 

iPhoneを水没させてしまった乾燥させる」という考え方は非常に重要なのですが中には悪化させてしまう行為もあります。

 

・ドライヤーで乾かす

手っ取り早く乾きそうですがNGです。熱でiPhoneの中の基盤を痛めてしまうことがありますし、アイフォン内部に染み込んだのが真水でなくてジュースや海水だった場合は中に焦げを作ってしまいます。そうなるとほぼ復旧不可能、または基盤修理になるので修理に費用と時間が大幅にかかることになります。絶対にやめましょう。

 

iPhoneを振る

遠心力で水が出ていきそうですがNGです。逆に遠心力で水が入っていなかった場所まで入ってしまう可能性や水に濡れただけで故障する部分に入ってしまう恐れがあります。本当は復旧可能なのに振ったことで復旧不可能になるケースもありました。傾けたり振ったりせず平らな所で乾燥剤と一緒にアイフォンを保管しましょう。

 

iPhoneを充電する

これは一番やってはいけないことです。水没した時に損傷してないバッテリーが壊れたりアイフォンの充電コネクタがショートして急に電源が入らなくなったりします。どうしても充電しないといけない時も少なくとも乾燥剤と保管して一日以上経過してからにしましょう。iPhonePCに接続するのも同じ理由でNGです!

 

最後に

 

一日乾燥させて電源が入るケースもありますがその後予期せぬタイミングで突然電源が入らなくなったりもするので乾燥させたあとでも一度水没修理に出すことをお勧めします!

また、アイフォンを乾燥させている途中でもお持ちいただければ修理可能ですので極力早めにお持ちいただければと思います!

 

とにかくiPhoneの水没修理に大事なのは「時間」です。水没から修理までの時間が短ければ短いほど格安かつ確実に直ります!

逆にアイフォンの電源が入らなくなってからだと復旧率は大幅に下がってしまいます。

水没しないのが一番ですが万が一アイフォンが水没してしまった場合はお早めにダイワンテレコム奈良店までお持ちください!

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中