水没修理の復旧率は?

[2017/07/11]

ダイワンテレコム大宮店をご利用頂き誠にありがとうございます。

修理担当のYKです。

  当店をご利用されるお客様の修理依頼は画面修理、バッテリー交換がほとんですが、最近では水没修理、ドックコネクタ修理、iPad画面割れの修理依頼が増え、数々の修理・復旧の実績を積んでおります。

しかし、その修理依頼の中で最も復旧が難しいとされているのが、水没修理です。

iPhoneは元来水に弱く、水没修理は水没した状況によって復旧率が変わるため、場合によっては復旧不可能になることがあります。

今回のブログでは、水没修理の復旧率・注意事項をご紹介していきたいと思います。

 

・復旧率はどれくらい?

 まず、気になるのが復旧率ですよね。これは水没してからの期間と水質、電源を投入したかによって大きく変わります。水没当日に修理依頼される場合、復旧確率は80%程度、1週間以内ですと65%程度、一ヶ月ですと50%程度となっております。しかし、海水・ジュースといった不純物が多く含まれた水に水没してしまうと、復旧確率が更に10~20%程度下がってしまいます。

 

・水没したらどうすればいい?

 水没直後に画面が映っている場合はすぐに電源をオフにしましょう。水に浸かってしまっても問題なくタッチ操作が出来ることがありますが、iPhone内部では金属部品と水が通電よって化学反応を起こして腐食・侵食を早めてしまいます。

 水没直後に画面が真っ暗になった場合、壊れたかどうか心配になって電源を入れたり、ケーブルを繋いで充電をしたくなると思いますが、それは絶対にやってはいけません。水没したiPhoneに電源をいれてしまうと本体の基盤(マザーボード)がショートしてしまうため、最悪の場合起動出来なくなってしまいます。水没したiPhoneは、まずSIMトレイを外し可能な限り水を拭き取って下さい。ドライヤーやこたつの熱で乾燥させると腐食・侵食を早めてしまうので絶対にやってはいけません。可能であればジップロックの中に乾燥材と一緒に入れ、速やかに修理店で水没修理を依頼しましょう。

 

・お近くに修理店がない場合

 当店では水没修理の他、各種修理を対応しております。水没修理のご依頼の際は当店ホームページの修理メニュー<水没修理<下部のお問い合わせフォームからお問い合わせください。お客様からの端末をお預かり次第、水没修理に取り掛かりますので、修理完了後の結果はメールもしくは電話にて報告致します。※定休日は水曜日になります。水没修理URL

 

  復旧後はできるだけ早めにバックアップをとり、機種変更の際にスムーズにデータ移行が行えるように準備しておく必要があります。一度水に浸かってしまったiPhoneは、長期間使用することは難しく、突然電源が入らなくなることがあります。水没修理はあくまでもiPhoneのデータバックアップをとるために一時的に復旧するという認識、及びご了承をお願いいたします。

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中