iPhoneが水没した時の対処法と修理内容

こんにちは、iPhone当日修理・アンドロイドスマホ修理のダイワンテレコム池袋東口店です。

 

みなさんはアイフォンやスマホを水没させてしまったという経験はありますか?

下手すると再起不能に陥ってしまう故障原因だけに、慎重に、適切に対処したいところです。

今回はiPhoneやアンドロイドを水没させてしまった時の応急処置方法、その後の対処法から修理内容まで徹底解説していきたいと思います。

多くの修理実績を持つ修理店だからこその知見をどうぞご参考ください。

iPhoneやスマホが水没してしまった時の応急処置方法

iPhoneやスマホが水没してしまった時、画面が真っ暗になった、画面が変色した、ノイズが入るようになった、電源が落ちた、タッチが暴走したなど様々な症状が起こり、慣れていないと焦ってどうしたらいいかわからなくなってしまいがちです。

こういった時は、電源が入っている場合はまず電源を落としましょう。

ここで絶対にしてはいけない事は、充電コネクタを挿してしまうこと。

水没した時の主な故障の原因は、内部に水が浸入することによって基板がショートしてしまうことです。

つまり、ショートを起こさないように電気を通さない事が最も重要な応急処置方法になります。

応急処置後の対処法

応急処置が済んだら、次はいつも通りに使えるように対処する方法です。

内部が完全に乾いているとわかれば電源をつけても問題無いのですが、端末を開かなければ確かめようがありません。

ですので、やはり修理店に持ち込む事が必要になります。

特に電源が入らなくなってしまっている場合で復旧を希望する場合は修理店に持ち込む以外の方法は無いと言ってもいいでしょう。

ちなみに正規のサービスカウンターでは本体交換になるため、データが欲しい場合はそれ以外の修理店に持ち込まなければなりません。

逆にバックアップデータが確実にあるとわかっている場合は、新しい端末を買ったり、正規サービスカウンターに修理(本体交換)を依頼するという手段も視野に入ってきます。

修理店に持ち込んだ際の修理内容

それでは修理店に持ち込んだ際の修理内容について解説していきたいと思います。

iPhoneやスマホの水没の場合、どこに水が入ったかによって修理内容や復旧率が大分変ってきます。

・ごく軽傷の場合

端末を開き、内部を丹念に乾かす。(完全に乾いている事を確認する)

・部品の交換のみで直る場合

オーソドックスなパターンは、ディスプレイやバッテリーが壊れてしまっているというパターン。その場合は画面修理やバッテリー交換をすれば直ります。その他にカメラやスピーカーの交換で直るケースなど、様々です。

・軽度のショートを起こしている場合

基板を丸ごと洗浄し、焦げやゴミなどを丹念に除去し、通電を試みる方法。

・重度のショートを起こしている場合

焼けついて壊れてしまったパーツ(チップやコンデンサ)の交換や、フラッシュメモリの載せ替えなどの超専門的な修理。

大まかに分けるとこのうちのどれか、もしくは複合した修理を行うことになります。

水没修理なら当店にお任せください

いかがだったでしょうか?

本記事がすこしでも、iPhoneやスマホの水没でお困りの方の助けになれれば幸いです。

また、ほとんどの修理店は前項で説明した「重度のショートを起こしている場合」の修理は自店で行っておらず外注に頼っていますが、当店は前項で解説した全ての修理を自社で行っております。

そのため、修理のスピード・価格・復旧率の全てにおいて最高品質のサービスだと自負しております。

こういったデリケートな修理はスピードが大事な要素の一つ。

外注してしまうとどうしても配送などの時間が掛かってしまい、復旧率が下がってしまう事につながりかねません。

水没でお困りの方は是非当店にご相談ください!

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中