名古屋駅前出張窓口|iPhone修理なら総務省登録修理店ダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

iPad、iPhoneが充電できない原因&解決方法

[2016/12/16]

iPadやiPhoneを使っていると、時々”充電できない”ことってありますよね。
iPhone修理を行っていると実に様々な原因や要因が見えてきます。
それでは簡易的な症状から順にご紹介します。

充電口のゴミ詰まり、ケーブルの断線


充電口のゴミ詰まりやケーブルの断線で「充電できない」と相談に来られるお客様が意外と多いようです。


まず以下の項目をチェックしてみてください。


◆ゴミ詰まり


・ケーブルがしっかり根元まで差し込まれていない

ゴミ詰まり、ケーブルが原因


・数日前から充電が出来たりできなかったり


・角度を変えたり、何度も抜き差しすると充電できる


・ケーブルを挿したはずがいつの間にか充電マークが消えてる


・ケーブルの先端(金色のコネクタ)が黒くなっている



【対処法】


ゴミ詰まり
・本体の電源を切ってから細く先端の柔らかいもので、端子にキズがつかないように慎重にゴミを取り除く(内部に傷がつくと充電できなくなることあるので要注意)


*修理店にて内部クリーニングを依頼する
(名古屋駅前店では他修理があればサービスにてクリーニングいたします)


ケーブルの断線


・ケーブルを交換する

社外品を使用した場合、最初は問題無く使用できていたのに次第に接触が悪くなることがあります。

iPhoneに認識されない症状がでた時は違うケーブル(できれば純正のケーブル)に接続してみると良いかもしれません。

電源機アダプタを交換する

コネクタの先端が汚れている場合は綿棒などの柔らかいもので拭き取ることで復活することがあります。
ただし、サビ(緑サビ、黒サビ)の場合は専用の洗浄液を付けないと取れない場合もありますので注意が必要です。



 

充電口の故障・サビ


ゴミをとっても、ケーブル・充電機を交換しても、クリーニングしても直らない場合は充電口のコネクタ部分がサビ・故障している可能性があります。

水際や湿気が多い場所(お風呂)での使用や放置を繰り返しているとやがてサビが発生してしまう恐れがあります。

【対処法】


この場合は修理店にて部品交換するかAppleストアにて本体ごと交換することをおすすめいたします。


 

バッテリーが原因
・完全放電している

この場合は充電してから立ち上がるまで10分以上かかる場合があります。もし、20~30分以上充電しても立ち上がらない場合は充電器かバッテリーの電力不足かもしれません。


【対処法】


急速充電器を使うと立ち上がる場合があります。但し、これを使わないと立ち上がらない状態だと既にバッテリーの寿命だとおもわれますのでバッテリー交換をオススメします。また寿命に関しては使用頻度により大きく変わってきます。バッテリーの酷使した使用だと1年半、適度に使用で2年ほど、あまり使わない場合は3年ほど持つ場合もありようです。これらは実際にバッテリー交換されたお客様からの情報を元にしているのであくまでも目安です。




システムエラー(フリーズ現象)


iPad,iPhoneのソフトウエアにエラーが起きている場合


【対処法】


・電源を入れ直す


スリープボタンを長押し


↓


電源を切る(右にスワイプ)


↓


電源ボタンを入れる




 

・リセットする


→上記と同じ再起動でもこちらは軽度なシステムエラーや動作をリフレッシュする働きがあります。



ホームボタンとスリープボタン(電源ボタン)を同時に長押しする


↓


画面が一度消灯


↓


点灯アップルマークが表示されたらボタンを離す




 

・PCで充電してる場合
もしPC経由で充電している場合はPCを再起動させてみましょう。


Windows ctrl+alt+del
Mac   

command+control+電源ボタン 



以上の方法で充電が出来るようになればめでたしめでたしです。







iOSが原因かも!?


これは予備知識として参考までに記載させていただきました。
最 新のiOSをアップグレードすると様々な利便性があがりますが、同時に予期せぬトラブルも発生しやすくなります。最近ではiOS 10.1.1(以前からも症状あり)アップデート後からバッテリーのトラブルがおきています。例えばバッテリー残量に関わらず突然電源が落ちたり、バッテ リーが急速に減る、充電すると残量が+50パーセント増えたり等々。
何か起きたときは現iOSのトラブル状況を確認されることも忘れずに。




 

初期化/復元する


上記の方法でも直らなければ最後の砦「復元」です。
バックアップをしっかり取ったあとに行いましょう。
*バックアップの方法については後日アップしますのでそちらを参考にしてみてください。

 




Appleストア、Genius Barで本体交換してもらう


どの方法も試してみてダメな時は本体交換しかありません。
お近くのAppleストア/AppleサポートかGenius Barにお問い合わせしてみてください。

 



まとめ


「iPad,iPhoneの充電が出来ない」についてまとめてみましたが、これだけの文量内容になるとは思っていませんでした。iPhoneの充電について書かれた記事は他にも沢山ありますがここまで詳しく書いてる記事はそうはないでしょう。
他にも色々な記事を書いてますので困ったことがあったときはまず当ブログで探してみて下さい。また、「こんな症状ですが直りますか?」とか「iPhoneが水没しましたどうしたらよいでしょうか?」などなどご質問やお問い合わせもお待ちしております。

この記事を書いた店舗情報

ダイワン名古屋駅前窓口


出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中