iPhoneで使えるようになる新しい文字入力方法とは!

[2019/07/11]

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

iPhone修理のダイワンテレコム六本木店です。

先日のWWDCで発表されたものの一つにiOS13というiPhone用の新しいOSがあります。

このiOS13では色々なサービスや機能などが紹介されましたね!

インパクトの大きい機能がいっぱいある中、実はひっそりと便利な機能がiOS13で追加されました。

それが、Quick Pathというキーボード入力方法です。

これは残念ながらまだ英語やドイツ語など7言語のみの対応となっており日本語には対応していないのですが、よく英文を打つよ〜という方にとってはかなり朗報だと思います。

簡単に説明すると、爆速で英文が入力できるようになる機能です!

詳しくは引用元の記事を見ていただきたいのですが、Qwertyキーボードを指を滑らせるようにして次々文字を入力していく事になります。

慣れるまでは非常に難しいですが、予測変換機能がかなり優秀なようなので便利になる事間違いなしですね。

ちなみにこの機能自体はAppleの専売特許というわけではなく、すでにGoogleが同じ入力機能を数年前にリリースしています。

なのでAppleのQuick Pathは後発ということになりますね。

私もすでにGoogleの方ではこの入力機能をガシガシ使っているので、これが純正キーボードで出来るようになったことはとても嬉しいです笑

Googleの方は若干レスポンスが遅い時があったので、Apple純正のQuick Pathがどこまでの反応速度を発揮するのかは見ものですね。

そしていつの日か、日本語入力でもこの機能が使える日がくると思います。

そうなると今までフリック入力にどうしても慣れなかった方も簡単に文字入力が爆速になる機会が訪れます。

また、フリック入力よりも早い入力方法なので慣れてさえしまえば使用者数はかなり増えるんじゃないでしょうか。

すでに入力方法というのは出尽くした感がどうしてもありますがこんな素敵な方法もまだ出てくるとなるとワクワクしますね!

iOS13は2019年秋にリリース予定です!

 

source:engadget

Photo:ODAN

あわせて読みたい記事

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険