iOS13.6-自動アップデート、インストール選択可能

[2020/06/10]

 

iPhone修理のダイワンテレコム新宿本店でございます。

現地時間の6月9日にリリースされたiOS13.6/iPad OS13.6ベータ2ではiOSの自動アップデートがダウンロード、インストールそれぞれで設定可能になりました。

 

 

個別で自動実行の選択可能

iOS13.6及びiPad OS13.6ベータ2で新たに追加されたアップデートの自動実行に関する個別設定機能。

 

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」メニュー内に「自動アップデートカスタマイズ」が新たに追加されています。

 

 

以下の自動実行が個別で設定出来ます。

◇iOSアップデートのダウンロード

◇iOSアップデートのインストール

 

 

iOS13.5.1までは「自動アップデート」の切り替えのみが設定可能でした。

設定をオンにする事でiPhoneと充電器、Wi-Fiが接続されている環境下でしたらiOSのアップデートが自動でダウンロード、インストール共に実行されます。

 

 

 

自動アップデートは容量不足だとリンゴループの原因にも

iOSの自動アップデートをオンにしていると、もちろん自動で新しいiOSがインストールされる訳ですが、iPhoneの容量が不足がちな方は要注意です。

 

実際にダイワンテレコム新宿本店に、依頼の多い症状として「リンゴループ」というものが存在します。

これはiPhoneを起動した際に表示されるAppleマークからホーム画面に進まなくなる症状の事で、修理困難やデータの取り出しが出来ないケースが多く存在します。

 

原因は様々ですが、最も多いのが容量不足による自動アップデートです。

iPhone内の容量が不足しがちな場合、iOSの容量がiPhoneの空き容量を上回ってしまい、端末の内の空き容量よりも多いiOSのデータが入る事でデータに関連する部分等がクラッシュしてしまうのです。

一番良いのは空き容量は常に、余裕を持って確保して頂く事ですが、心配な場合は自動アップデート(ダウンロード)はそれぞれオフにして置く事をお勧め致します。

 

特に、初期設定は自動ダウンロード、自動インストールともにオンの設定になっていますので、確認しておくと良いでしょう。

 

 

 

引用元:Twitter(@Jeremy Horwitz)

引用元:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463

あわせて読みたい記事

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中