QRコード決済、利用率トップ3は楽天ペイ、PayPay、LINE Pay

[2019/02/06]

MDD研究所は、スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女887人を対象に2019年1月8日~1月10日の期間で「2019年2月QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施いたしました。

 

現在利用しているQRコード決済サービストップは?

トップは「楽天ペイ」、次いで「PayPay」、「LINE Pay」名前のみを知っている人も含めた各サービスの認知度を見ると、トップは「LINE Pay」、次いで「PayPay」、「楽天ペイ」が続いた。

 

 

QRコード決済を利用する理由は?

いずれかのQRコード決済サービスを利用しているを回答した188人を対象にQRコード決済サービスを利用する理由について聞いたところ(複数回答可)、トップは「ポイントがたくさんたまるから」、次いで「会計がスピーディに終わるから」、「キャンペーンを知って興味を持ったから」と続いた。

また、男女別で見ると男女で最も差が出た項目は「お財布を持ち歩きたくないから」だった。

 

男女別利用理由

 

QRコード決済を利用しない理由は?

いずれかのQRコード決済サービスを利用していないと回答した699人を対象にQRコード決済サービスを利用しない理由について聞いたところ(複数回答可)、トップは「クレジットカード(カードタイプで十分だから)」、次いで「現金で十分だから」、「個人情報や決済情報が漏洩しないか不安だから」と続いた。

 

QRコード決済、各社がキャンペーンを実施

まだ発展途上のQRコード決済市場ですが、ユーザーと導入店舗を取り込むべく、各社がキャンペーンを実施しています。

PayPayは2018年12月の「100億円あげちゃうキャンペーン」に続く第2弾キャンペーンを予告していますし、origami PayやLINE Payなども、ポイント還元率アップや割引等のキャンペーンを実施しています。

 

参考:MMD研究所

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元
iPhone修理 代理店募集
モバイル保険