ドコモ、一部対象機種でLINEアプリのサービス提供終了を予定


[公開日:2020/08/18]

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

国内で普及しているコミュニケーションアプリの「LINE」ですが、ドコモの一部機種においてLINEアプリサービスの提供終了が予定されています。

一部機種のLINEサービス提供終了後にLINEを使用し続けるには、機種変更が必要となります。

 

2020年9月中旬 一部対象機種において、LINEアプリの全ての機能が停止

コミュニケーションアプリ「LINE」を開発・運営するLINE社は、より安全で安定したサービスを提供するために対応OSバージョンの見直しを予定しています。

それに伴い、ドコモが販売する一部機種でLINEアプリのサービス提供が終了する、と告知されています。

 

LINEアプリサービス提供終了の対象機種一覧

2020年9月中旬より以下の対象機種において、トークの閲覧・バックアップを含めた全ての機能が利用できなくなります。

 

・Android / iOS : Ver.8.17.0未満のLINEアプリ

 

・らくらくスマートフォン2(F-08E)

・らくらくスマートフォン3(F-06F)

・ビジネススマートフォン(F-04F)

・ARROWSケータイ(F-05G)

・AQUOSケータイ(SH-06G)

・P-smartケータイ(P-01J)

・AQUOSケータイ(SH-01J)

・らくらくホン(F-02J)

 

これら対象機種では、LINEアプリの配信が2019年11月5日(火)をもって終了しており、それ以前からLINEアプリをダウンロードし、利用していた端末がサービス提供終了の対象となります。

 

また、Ver.8.17.0未満の古いバージョンのLINEアプリは機種に関わらずLINEアプリサービスを利用できなくなります。

こちらはLINEアプリのバージョンアップデートを行うことで引き続きLINEアプリを利用することができます

 

 

ドコモでは、これら対象機種でLINEアプリを使用しているユーザーに対し、LINEアプリを引き続き利用する場合には機種変更を推奨しています。

source:NTTドコモ

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧