iPhoneが充電された回数を知る

iPhoneの設定アプリで「バッテリー」をタップすると、

「バッテリーの状態」「最後に97%まで充電されたとき」など、

バッテリーに関する様々な情報を知ることができます。

 

しかし「iPhoneがこれまでに何回充電されたか」はわかりません。

たまに気になりませんか?

 

米メディアZD Netが、サードパーティーアプリを使わずに、

iPhoneのバッテリーがこれまでに何回充電されたかを知る方法を紹介しています。

 

 

iPhoneのバッテリーが何回充電されたかをチェック!

「設定」→「プライバシー」→「解析および改善」を開く。

 

 

「解析データ」をタップする。

 

スクロールして、2021-01-16などの、最新の日付を探します。

 

ログをタップすると、かなりの量のデータが表示されます。

ページ全体をコピーし、メモにコピーしてもいいですが、

これはなかなか大変なので、右上のアイコンをタップして、

メールへの添付ファイルとして送信して、PCやMacで確認するほうが簡単かもしれません。

 

ログのファイルを開き、「BatteryCycleCount」を検索します。

それで表示された数字が、これまでに充電された回数になります。

 

 

最後に

iPhoneバッテリーの耐用期間や寿命は決して、

充電回数でも満充電回数でもなく、トータルの放電量を

100%ごとに「フル充電サイクル」によってカウントされた

500回が目安であり、Appleは「フル充電サイクル」

500回繰り返しの時点で最大80%の充電容量を維持できるように設定しています。

 

500回充電したらバッテリーの寿命というわけではなく、

Appleが謳っているのは、

「iPhoneが正常な動作に必要な電力・電圧を供給できなくなった時」であるので、

その目安が500回というわけです。

 

バッテリーに優しい充電の仕方や、使い方を工夫すればバッテリーを長持ちさせることが

できるかもしれませんね。

 

 

 

 

source:iPhone Mania

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中