充電はどのタイミングでするのが正解?

朝霞・志木・新座・和光市近隣にお住いの皆さまこんにちは!

iPhone修理ダイワンテレコム朝霞店でございます!

 

さて、今回のテーマは「充電」です。

 

皆さま毎日のようにiPhoneを充電していると思いますが

残り何パーセントになったら充電していますか?

 

残り80%でも充電しちゃいますか?

0%まで使い切ってから充電しますか?

 

特に意識しておらず

その時々によって違うって方も多くいらっしゃると思います。

『充電なんていつしても一緒でしょ』

と思われるかもしれませんが

それは違います!!

 

充電するタイミングによっては

iPhoneのバッテリーを劣化させてしまうことも!

逆にベストなタイミングで充電していれは

バッテリーの寿命を最大限に伸ばす事ができます。

 

それではiPhoneにとって

もっともベストな充電のタイミングはいつなんでしょうか?

詳しく解説していきます!

 

iPhoneの充電のしくみ

Apple社は公式サイトでこのように発表しています。

 

『Appleのリチウムイオンバッテリーは

バッテリー容量の80%までは高速充電し

その後、低速のトリクル充電に切り替わります。』

 

これによって充電を必要以上にしてしまいバッテリーを劣化させてしまう

「過充電」を防いでいるわけですね。

 

 充電したままでもOK?

じゃあiPhoneをずっと充電しっぱなしで寝ちゃっても全問題ないと思われるかもしれません。

ここに関しては微妙ところで

そうは言っても微弱な電流が流れ続けてしまう事は事実です。

 

神経質になる必要はありませんが

100%になったら気づいたら外した方がいいに越したことはありません!

0%になってから充電した方がいい?

 iPhoneに限らず充電が必要な機器などはよく

「0%になってからフル充電した方が良い」と聞きますが

これは間違いです!

 

0%になってしまう前に必ず充電してください!

電池残量が0になってしまうと

過放電状態となりバッテリーが著しく消耗してしまいます。

 

「つかっていないiPhoneを久しぶりに使おうとしたら起動しない」

 

というのはこの過放電状態が長く続いた為にバッテリーが完全に放電してしまい充電自体出来なくなってしまった状態なのです!

残り20%での充電がオススメ

 iPhoneにとって電池残量を0にしてしまうのは良くない事がお分かりいただけたと思います!

それを防ぐ為にも、私がオススメしたいiPhoneのベストな充電タイミングは

 

『残り20%のアラートが出た時』です!

 

iPhoneは電池残量が20%と10%になるとアラートが表示されます。

このタイミングで充電するのが過放電を防ぐ為にもより良いタイミングと思われます。

 

ios13にバッテリー長持ちさせる機能あり

 ちなみに最新のios13では『バッテリーの最適化』という

バッテリーの寿命を伸ばす新機能が搭載されました!

充電をすると80%で一旦保留し

ユーザーの生活パターンに合わせてiPhoneを使うであろう少し前の時間から再び充電を開始し100%にする機能です。

 

これは寝る時に充電するユーザーが多い為、フル充電の時間を短くする狙いです。

iPhoneて本当に賢いですねー!

まとめ

 いかがでしたでしょうか!

 

適切な充電をして、iPhoneを長く快適にお使いください!

とはいえバッテリーは消耗品ですので

いずれは寿命がきます。

そうした時には是非ダイワンテレコム朝霞店でバッテリー交換をどうぞ!

お待ちしておりますね!

 

それではまた次回お会いしましょう(^^)

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

351-0005
埼玉県朝霞市根岸台3丁目20カインズ朝霞店 2F

070-1303-2774

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中