AQUOS R(605SH)バッテリー膨張でバックパネル浮き

AQUOS修理のダイワンテレコム名古屋今池店です。

今回は「AQUOS R(605SH)バッテリー膨張でバックパネル浮き」をご紹介します。

AQUOS Rは2017年に3大キャリア(605SH/softbank)(SH-03J/DOCOMO)(SHV39/au)からそれぞれ発売されたバッテリー容量3,160mAhのシャープ製のスマホです。

↓今回お持ち込みされたアクオスRはバッテリー膨張によりバックパネルが浮いた状態でした。

AQUOS Rは背面バックパネルから開く機種なので背面周囲をヒートガンで温めながらゆっくり剥がしていきます。本体下の粘着テープ幅が広い為、剥がすのに少し手間がかかりますが焦らずゆっくりおこないます。

全体的にはミドルフレームで覆われている為、部品に傷をつけることなく取り外しができます。

ミドルフレームは数本ネジを外すと外れます。(数カ所ツメあり)

↓バッテリーコネクタを外します

 

バッテリーを外す

バッテリーは三方向から水色テープで固定されています。

↓水色テープは爪やへらなどで引っ掛けるとすぐに外れます。

左右の水色テープを上に引き揚げると簡単にバッテリーが外れます。

 

ここまで約20分ほど

後は新しいバッテリーを取り付け、動作確認ができれば部品を下に戻してバックパネル接着固定に入ります。固定時間は焼く30分ほど。

アクオスのバッテリーはお取り寄せ可能です

バッテリー交換後はバッテリー膨張も収まり、スマートに落ち着きました。

 

AQUOSシリーズは機種にもよりますが、バッテリー交換や画面割れ修理も可能です。

 

他店で断られた機種や修理科目も部品お取り寄せ可能であれば修理承ります。

また、部品のお持ち込み修理も大歓迎です!

 

 さて、本日のブログ「AQUOS R(605SH)バッテリー膨張でバックパネル浮き」いかがでしたでしょうか?

 

他にもGalaxyのバッテリー交換修理、データ抽出の基板修理なども行なっておりますのでお困りの際はお気軽に今池店スタッフまでご相談ください。

↓《修理科目一覧》↓

画面割れ・液晶不良(タッチ不良・変色など)・バックカメラレンズ割れ・カメラ交換(ピントブレ・真っ暗・フラッシュライト点かない)・基板修理(部品交換しても起動しない・充電できない・タッチ操作できない・カメラが映らない・リンゴループになるなどなど)

↓《対応機種一覧》↓

iPhone/iPad/iPodTouch/Xperia/HUAWEI/Galaxy/

ZENFONE/ASUS/Xaomi/Redmi/Nintendo Switch/

AQUOS(一部)/MacbookPro(バッテリー交換)などの

修理・買取を行なっております

iPhone/iPadは一部を除き即日修理可能ですがその他の修理に関しては部品お取り寄せの対応となることもありますので予めお電話などにてご確認ください。

 *部品のお持ち込み修理も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様からのお問い合わせ・ご来店お待ちしてります。

 

スマホ・タブレット修理/買取するなら

【ダイワンテレコム名古屋今池店】

\\最後まで修理ブログをご覧いただきありがとうございました//

《総務省登録修理業者》

【ダイワンテレコム名古屋今池店】 

《営業時間》10:00~19:00

《定休日》火曜日

《LINE》 @d-nagoya 

《WEB予約》エアーリザーブ  

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目8−8今池ガスビル 1F

080-9708-9037

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中