マウスを使ってアイフォンを操作できる!?

iPhone修理のダイワンテレコム新宿店です。

もしiPhoneが触れなくなったら・・、修理店としては毎日のように見られますが、あくまで修理店だからよく見るわけでもあります。

そのもしもが起こってしまった場合、割れた画面を触るのは危険です。

しかしiPhoneが操作したい・・そんな時に使える裏ワザをご紹介します。

 

マウスを使ってアイフォンを操作!

どういうことかと言いいますと、こういうことです。

予め設定をしておくことが必要となりますが、マウスまたはトラックパッドを使うという選択肢です。

これはiOS13より追加された機能で、BluetoothマウスでiPhoneとペアリングすることでマウスを使ってアイフォンを操作することができます!

Bluetoothマウスを使うためには、最初にペアリングが必要です。ただし、イヤホンやスピーカーとペアリングを実行する場所が異なり、『設定』アプリ内でアクセシビリティ関連機能が集められた画面となります。機能としては「Assistive Touch」(指以外でタップを代替する補助機能)の一部とされ、その管理画面でペアリングやボタンの設定を行います。

 

ペアリングが完了すると、iPhoneのディスプレイ上に丸いマウスポインタが現れ、マウスにあわせて動きます。

 

設定方法

①『設定』→「アクセシビリティ」→「タッチ」の順に画面を開きます

②「Assistive Touch」画面にある「デバイス」をタップします

③「Bluetoothデバイス...」をタップしたあと、Bluetoothマウスをペアリングモードにします。マウスの名前が表示されたらタップし、ペアリングを完了させます

④画面にポインタが現れ、Bluetoothマウスで操作できるようになります

 

以上で設定が完了します。

問題なければマウスを使ってアイフォンを操作できるので、パスコードロックを防ぐことができるかもしれません。

 

ですが、やはり割れてしまっては結局そのままです。

また起動不可に陥れば操作どころではなくなります、上記の方法も一つの手ではありますが、やはりお早目の修理を行うことが一番の解決策になるのではないでしょうか!

 

 

source:マイナビ

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中