AirTagに隠し機能?

こんにちは。ダイワンテレコム池袋店でございます。

4月30日、アップルから発売になった AirTag。
当社スタッフも既に買っており、モノを忘れたときのお守りとして使っているとのこと。

そんなAirTagに「開発者モード」が発見されたとのこと。
iPhone11シリーズとiPhone12シリーズから簡単に呼び出して、iPhoneが取得した情報をリアルタイムで表示できるという機能とのこと。

iPhoneから取得した情報をリアルタイムで表示

AirTagを購入したものの、iPhoneとの接続がうまくいかないと嘆いていたRedditユーザーのcyem氏が偶然、AirTagの「開発者モード」を発見しました。

開発者モードに入ると、AirTagの方向などの情報だけでなく、iPhoneのジャイロセンサーや加速度計の情報、通知音や振動の状況がリアルタイムに表示されるように。

同モードでは「INTERACTIVE MODE」と「PROXIMITY MODE」の切り替え、探す画面の色や透過度の変更、AirTagの位置を示すドット数の変更、「エコモード」のオンオフが操作可能です。また、実際のAirTagの位置に関係なく動作するデモを見ることもできます。

AirTagの名前を4回タップすると開発者モードに

開発者モードには、iPhone11シリーズ、iPhone12シリーズの「探す」アプリでAirTagを探す画面で、AirTagにつけた名前を4回タップすると入ることができます。

再びAirTagの名前を4回タップすると、通常モードに戻ることができます。
実際に動作する映像は、Cyem氏がYouTubeでシェアしています。

 

 

source:cyem(raddit)

source:Macrumors

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中