iPhoneのGPSがおかしくなった時の対処法

みなさんこんにちは!ダイワンテレコム宇都宮店でございます!

現在のスマートフォンはGPSの性能も非常によく、マップやゲームなどでも使用する場面が
非常に多くあることと思います。
しかし、iPhoneのGPSがおかしくなって思いがけず現在地とズレた場所を示すことも極稀にありますよね!
トンネルなどのGPSの電波を受信しにくいところであればどうしようもありませんが、
そうでない場合はiPhoneのGPSがおかしくなっていることが考えられます。
そのような場合、どのように対処していったら良いのでしょうか? 今回は、おかしくなったGPSをどうしたら直すことができるかの対処法についてご紹介していきます!

1,Wi-Fiや位置情報に関する設定を確認する

iPhoneの場合、位置情報の測位はGPSからの電波のみならず、W-Fiや4Gなどからも情報を集めて
現在地の表示を行なっています。

ここに設定ミスがあるとiPhoneのGPSがおかしくなってしまうん
です。 まずは、Wi-Fiの設定を確認してみましょう。
【設定】→【Wi-Fi】からWi-Fiがオンになっているか確認してください。
この、必ずしもWi-Fiが繋がっている必要はありません!
もともとWi-Fiがオンになっていたのにも関わらず、GPSに異変を感じている場合には一度オフに
してから、一度時間をおいてオンにしてみてください。
また、位置情報に関する設定は【設定】→【プライバシー】→【位置情報サービス】の
【システムサービス】にまとめられています。

オンになっている項目を一旦オフにし、少し待ってから再度オンにしてみましょう。

2、コンパスアプリを確認する。

 iPhoneにはコンパスというアプリが標準搭載されています。

磁気センサーで位置情報を取得し、GPSを併用して位置情報と合わせて現在地を表示するアプリですが、
たまにこれが狂ってしまう場合があります。

コンパスアプリが狂っているとiPhoneのGPSがおかしくなってしまうため、こちらも確認しましょう。

【設定】→【プライバシー】→【位置情報サービス】→【システムサービス】の中に
【コンパスの調整】という項目があります。

オンになっていればシステム側で随時補正をかけるので調整は不要です。

もし、調整が必要な場合はコンパスアプリを開くとキャリブレーション画面になるため、その画面で補正をかけます。

3、iPhoneを再起動する

電源オフにした後、再度電源ボタンを長押しして起動させてみて下さい。

これによってiPhoneのGPSの症状が改善されることが多いです。

勿論、GPS以外の問題が起きた時にも有効です!

4、設定をリセットする

現状で設定されている位置情報サービスとプライバシーの設定を一度リセットしてしまう方法です。


【設定】→【一般】→【リセット】で【位置情報とプライバシーをリセット】をタップすると、
設定されている位置情報関連の設定とプライバシー関係の設定だけが工場出荷状態になり、GPSの
症状が改善されるケースも多いです。

 

 

source:imobie

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中