【iOS 12】iPhone X/XS/XRに搭載された便利な機能【快適操作】

こんにちは

御堂筋線梅田駅南改札から徒歩1分のアイフォン修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店でございます。

 

iOS 12は大きな変更点はありませんがiOS 11での不満点が数多く改善されたバージョンです。

より快適になったiOS 12では、オールスクリーンディスプレイのiPhone X/XS/XRで使える新しい操作感が体験できます。

今回は、最新のiPhone X/XS/XRで使える便利な機能をご紹介します。

 

シンプルなタスクキル

 

iOS 11まではアプリをタスクキルするには、一度長押ししてから上にスワイプする必要がありましたが、iOS 12ではタスクマネージャーを開いて上にスワイプするだけでアプリを完全に終了させられます。

二本指を使えば2個ずつアプリをタスクキルしていくことも可能です。

 

ホームボタンがある機種から新しくホームボタンが無い機種に変更した方はタスクマネージャーの開き方がわからないかもしれないのでご紹介します。

まず、タスクマネージャーとはiPhone 8まではホームボタンを連続して2回押すことで開くことができました。

ホームボタンの無い最新機種では、ホームインディケーター(画面下部の棒)を上にスワイプしてホールドすると、タスクマネージャーを開けます。

 

顔認証を2人分登録可能

 

iPhone X/XS/XRには顔認証システム「FaceID」が搭載されています。

リリース当初はあまり精度がよく無かったため不評でしたが、いまではアップデートによってかなり精度も上がり、非常に使いやすくなっています。

もともとFaceIDは自分の顔しか登録できなかったのですが、iOS 12からは密かに2人分まで登録可能になっていました。

これのおかげで端末をシェアしたり、また、自分の顔を2パターン登録することで認証精度をあげたりすることができます。

 

FaceIDに失敗しても大丈夫

iOS 11ではFaceIDに失敗するともう一度画面をロックしないとリトライできませんでしたが、iOS 12ではホームインディケーターをスワイプアップ(上にスライド)するとリトライできるようになっています。

また、リトライを続けるとパスコード入力を求められますが、このときFaceIDがあなたの顔情報をアップデートしています。

失敗するとパスコード入力するたびに機械学習によって精度が上がっていくので、徐々に認証失敗は減っていくでしょう。

 

マスクしていてもおでこと目元が出ていれば認証可能

顔認証の最大の弱点はマスクだったのですが、アップデートによってマスク対応しました。

あまりにも顔の露出が少ないと認証できませんが、髪を上げて、目元を出していればちゃんと認証されました。

みんながマスクしているのは日本特有で、海外ではマスクしていると犯罪者ではないかと警戒されるくらいなので、マスク対応は日本人が特に得をしたアップデートだったようです。

source:iPhoneHacks

Photo:iPhoneHacks

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中