リンゴループになってしまった際の対処法

みなさんこんにちは!

iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム町田店です。

本日も10時から19時まで通常通り営業しております!

今回はリンゴループの修理についてご紹介致します。

 

リンゴループとは

iPhoneを起動させるときに最初にりんごのマークが表示されますよね。

それがいつまでたってもそのりんごのマークで止まってしまう症状をリンゴループと呼びます。

起動させることが出来ない厄介な症状ですね。

原因は?

大きく分けて物理的な要因とシステム的な要因の二つがございます。

・物理的要因

落としてしまったりなど衝撃を与えてしまった時に

パーツや基盤が破損し、リンゴループになってしまう事がございます。

・システム的要因

iPhone本体の容量をぱんぱんに使ってしまっていたり、

システムアップデート中にWi-FiやPCとの接続が切れてしまうと

エラーによってリンゴループになってしまうことがございます。

対処法

まずiPhoneをリカバリーモードにします。

やり方は世代によって異なります。

・5s、SE初代、6シリーズ

電源ボタンとホームボタンをリカバリーモードになるまで長押し

・7シリーズ

電源ボタンと音量のダウンボタンをリカバリーモードになるまで長押し

・8以降

音量のアップボタンを一回押して離し、次にダウンボタンも一回押して離し、

電源ボタンをリカバリーモードになるまで長押し

 

リカバリーモードになったらPCに接続し、iTunesを起動します。

するとアップデート、復元の選択肢が表示されます。

まずアップデートからやってみましょう。

アップデートだけで直れば運が良いです。

データなどもそのままで復旧が出来ます

アップデートだけでは直らない場合復元を行います。

工場出荷状態に戻すためデータは消えてしまいますが

正常な状態に復旧させることが出来ます。

 

もしこれらで改善されなかった場合は基盤修理にすすみます。

かなり難易度の高い修理なので対応しているお店も少ないです。

もしもの時は是非当店にご相談ください。

 

この記事を書いた店舗情報

町田店

194-0013
東京都町田市原町田6丁目15−2RSビル301号

050-5871-8879

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中