iPhoneの充電口にケーブルが折れて詰まってしまったときの対処法

[公開日:2023/12/07]

こんにちは

ダイワンテレコム大森店でございます。

iPhoneなどのスマートフォンは充電口にケーブルを挿して使用します。

最近ではモバイルバッテリーの普及も多くなり外でも充電しながら歩いている方も少なくありません。

本日はそんなスマートフォンの充電口に関する内容でございます。

 

iPhoneの充電口は常に空いていて中に異物あ入ることがあります。

中に異物(ゴミ)が入ると充電の接触が悪くなり充電が反応しなくなったり充電が貯まらなくなるようになります。

基本的には中の異物をピンセットなどの細いものを使用すれば簡単に取れます。

しかし中には取り出しにくいものもございます。

 

よくある事例では充電ケーブルの先が折れ、中に詰まってしまったなどが挙げられます。

ホコリとは違い充電口いっぱいに詰まっているのでピンセットでは取り出しにくいです。

充電口の中には端子がついているので、へたに取り出そうとすると内部が傷つき、異物を取り除いても充電ができなくなることもあります。

 

そんな時は当店ダイワンテレコムなどの修理業者であれば安く、即日でお返しができます。

内部データもそのままでお返しいたしますので、Appleの正規店での修理よりもお得に作業ができます。

早割りもありますのでぜひお得に修理しましょう。

 

ダイワンテレコム大森店

〒143-0023
東京都大田区山王2丁目2−15

03-6303-7746

 

この記事を書いた店舗情報

大森駅前店

143-0023
東京都大田区山王2丁目2−15ダイワンテレコム 大森駅前店

03-6303-7746

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧