iOS13.5では緊急時に「メディカルID」が自動送信される新機能

ダイワンテレコム六本木店です。
六本木エリアでのiphone・iPadの修理は是非当店にお任せください。

iOS13.5とwatchOS6.2.5のベータ版が現在公開されていますが、ベータ版の情報より、緊急時にメディカルIDを、医療機関などへ自動送信する新機能が追加されていることが判明しました。

血液型、服用中の薬などを管理する「メディカルID」

iPhoneとApple Watchでは、緊急連絡先、年齢、血液型、服用中の薬などが一括管理できる「メディカルID」を設定することが可能です。

メディカルIDは、パスコードを入力せずに、iPhoneのロック画面から直接確認することができるようになっています。これでユーザーの意識が無い場合でも医療関係者が必要な情報を確認することが出来ます。

 

緊急時に発信できる「緊急SOS」

iPhoneとApple Watchには、「緊急SOS」という機能もと際されており、スリープボタンと+、-どちらかの音量ボタンを長押しすると「緊急SOS」が表示され、これをスライドすると緊急電話を発信することが出来ます。

また、スリープボタンと音量ボタンを押し続けると、カウントダウンが始まります。カウントダウンが終了するまでボタンを押し続けると、自動的に緊急電話が発信されます。

電話が終わると、事前に登録した緊急連絡先にiPhoneの位置情報を知らせるテキストが自動的に送信されます。

メディカルIDと緊急SOSを組み合わせた新機能

米メディア9to5Macの情報によると、iOS13.5とwatchOS6.2.5では、メディカルIDと緊急SOSを組み合わせた新機能が追加されます。新機能を有効にすると、メディカルIDが自動的に緊急救急サービスと共有されます。

緊急SOSが起動すると、メディカルIDの情報が自動的に送信されるので、医療機関はアレルギー、服用中の薬、血液型などについて、本人に確認する手間が省けます。

正式版のiOS13.5とwatchOS6.2.5は、今月末までにリリースされる予定となっています。

source:9to5Mac

Photo:Apple

この記事を書いた店舗情報

六本木店

106-0032
東京都港区六本木 3-11-6野沢ビル6F

03-5775-7130

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中