iOS14ではカメラ性能も向上?

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店です。

今年秋にリリースが予定されているiOS14、OSとしては13よりも軽く、心機一転といった状態。

そんなiOS14ですが、カメラ機能に変更があったということで、今回はご紹介します。

より速い撮影が可能に

スマートフォンの場合、この「瞬間」に撮影できることが大事となってきます。
iOS14では、カメラアプリを開いてからの時間がiOS13よりも最大25%速く、2つ以上の写真を撮る場合は90%速いとのこと。
ポートレートモードのiPhoneの場合、写真は最大15%速く撮影できる。
これらの変更は、iOS14を実行しているすべてのiPhoneで自動的に有効になるため、何も変更する必要がないとのことです。

 

高速撮影を優先

前見出しの通り、iOS14では誰もがより速く写真を撮ることができますが、アップデートによって、この処理をさらに高速にする新しいオプションが含まれています。
設定アプリにある「高速撮影を優先する」オプションを使用すると、シャッターボタンをすばやく押すと、iPhoneカメラが画像処理を最適に調整してくれる機能が追加されています。
iOSでは撮影時の補正にかかる時間は短くなりますが、特定の瞬間を捉える可能性が高くなっています。

バーストモード時に音が大きくなる。

バーストモードでは、複数の写真を連続して撮ることができるため、ベストショットのみを選択できます。
iOS14の新しい機能では、アプリのカメラ音量を上げるボタンを押して、バースト写真を撮ることができます。
このオプションを有効にして音量ダウンボタンを押すと、
サポートされているデバイスでQuickTake録音が開始される機能が追加されています。

古いiPhoneモデルのQuickTakeおよびインカメラ解像度設定

iPhone11とiPhoneSE(2020)にはQuickTakeが搭載されており、シャッターボタンを指で押し続けるだけで、ビデオを録画できます。
QuickTakeはiPhone11でのみ利用可能でしたが、iPhoneXR、iPhoneXS、iPhoneXSMaxを持っている人はiOS14にアップデートを行えば、
QuickTakeを使用できるようになります。

また、カメラ設定に新しい「ビデオ形式設定」が存在し、有効にした場合、ユーザーはカメラアプリでビデオ解像度を変更できます。
これは以前はiPhone11でのみ利用可能でしたが、アップデート後は、iOS 14を実行するすべてのiPhoneモデルで利用可能となります。

 

ミラーフロントカメラ機能追加etc

iPhoneで自撮り写真を撮ると、撮影した写真がライブプレビューに表示される写真と異なりますよね。
これは、カメラアプリではミラープレビューが表示されますが、保存された写真では表示されないためです。
iOS14では、ユーザーは新しい「フロントカメラのミラーリング」オプションを有効にして、
セルフィーを撮っているときと同じようにミラーリングされた写真を保存できます。

露出制御

iOS14で利用可能なもう1つ新しいオプションは、写真とビデオの露出レベルを調整または固定できるように。
つまり、画面上でスワイプして、個別に写真の露出レベルを調整する必要がなくなります。
この機能は残念ながら、iPhoneXR以降でのみ利用ができるとのこと。

 

更新されたナイトモード

AppleはiPhone11のナイトモードによる撮影を利用できましたが、
この機能は組み込みのジャイロスコープを使用し、iPhoneを撮影中に安定した状態してくれます。
iOS14では夜間モードの撮影も中断することもできるように。

source:9to5mac

Photo:9to5mac

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧