iOS14のトラッキング防止機能でターゲティング広告は姿を消すのか


[公開日:2020/08/28]

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

WWDC 2020にて発表された「iOS14」では、アプリやブラウザが許可なくユーザー情報を追跡することを防止する機能が実装されます。

このトラッキング防止機能をオンにすると、いわゆる「行動ターゲティング広告」を掲載することができなくなり、ネット広告業界に大きな影響が出ると考えられています。

広告業が収益の大半を占めるFacebookは、Appleのトラッキング防止機能によりAudience Networkパブリッシャーの収益が50%以上減少する可能性がある、と警告しました。

 

iOS14で「トラッキング防止機能」が実装 どのような影響があるのか?

2020年秋にリリースされると見られるiOS14では、アプリやブラウザなどが収集するユーザー情報を管理することができるようになり、さらにはユーザー情報の収集・追跡を拒否する設定が追加されます。

このトラッキング防止機能によって、ネット広告として広く使われている「行動ターゲティング広告」が姿を消すと言われています。

 

行動ターゲティング広告とは?

行動ターゲティング広告とは、アプリやブラウザが収集するユーザー追跡情報をもとに、ユーザーの興味や関心事を推測し、それらに関するネット広告を配信するという手法です。

例えば、直近に化粧品のネットショップを見たユーザーは「化粧品に興味がある」と判断され、化粧品をはじめとした美容グッズの広告が優先的に表示されるようになる…といった具合です。

 

このような広告を掲載することで、特定の商品やジャンルに興味を持ったユーザーのみに関連する広告を見せることができるため、より効果的に広告を運用することができます。

効果対費用にも優れるため、ネット上で見かける広告はこの「行動ターゲティング広告」が多くなっています。

そして、iOS14で実装されるトラッキング防止機能は、行動ターゲティング広告の前提となるユーザー追跡情報の収集を防止するため、行動ターゲティング広告を表示できないようにすることができます

 

Facebook提供の行動ターゲティング広告、iOS14で収益50%減と警告

世界最大のSNS、Facebookを運営する米Facebook社は、その収益源の9割以上が広告収入によるものです。

 

Facebookが提供する広告フォーマット「Audience Network」は、Facebookのターゲティング機能を利用して、アプリに搭載される行動ターゲティング広告として振る舞います。

この「Audience Network」はFacebookと提携する数々の人気アプリに搭載されており、ユーザー追跡情報を収集し、行動ターゲティング広告を配信しています。

 

そして、Facebookは「Audience Network」を利用してアプリ内に広告を表示している場合、iOS14のトラッキング防止機能を利用されるとパブリッシャー収益が50%以上と大幅に減少する可能性がある、とアプリのパブリッシャーに向けて警告しました。

 

 

50%という数字はあくまでFacebookによる試算とのことですが、iOS14のトラッキング防止機能がネット広告業界に大きな影響を与えるのは間違いないでしょう。

一方で、ユーザーに許可なく追跡情報をトラッキングする行動ターゲティング広告はユーザーから快く思われていない面もあり、iOS14を心待ちにするユーザーも少なくないのではないでしょうか。

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧