【ダイワンテレコム渋谷店】基板修理のご案内

[2020/08/10]

ダイワンテレコム渋谷店では基板修理の受付を行っております。

基板修理受付を行っている機種は「iPhoneiPadAndroidswitch」といった内容です。
そもそも、基板修理とはどういった修理内容なのか?大まかに説明すると起動ができなくなってしまった状態や部品交換をしても復旧しない端末の修復となります。
いろいろなところで目にするほど普及している携帯修理店舗で行っている修理内容はあくまでも部品交換がメインです。
その為、画面(液晶)修理やバッテリー交換といった故障した部品を交換して直るといった内容に限られてしまいます。
iPhone
androidといったスマートフォンは精密機器の為、強い衝撃(落下や圧迫)が入ると画面だけの損傷ではなく内部にまでダメージが入り、通常の画面修理では直らないケースも…。
そういった内部部品の破損で修理完了できない端末の修理もご対応が出来るのが基板修理です!

そもそも基板とは?

基板とだけいわれると想像しづらいと思いますが、パソコンを持っている方や持っていない方でも聞いたことがある名前で表現するとマザーボードといえばわかりやすいのではないかなと思います。
この基板はいわば携帯端末の核の部分です。これが壊れることにより携帯端末が起動できなくなってしまう原因となります。
様々な細かいパーツの集合体となる為、非常に大事な部分なのです。

基板が破損してしまって直せない端末とは?

そもそも部品交換をしても復旧できない状態という修理内容もあります。
それは水没してしまったiPhone” “iOSなどのシステムが故障してしまったスマートフォンなどなど…原因としてはいろいろあります。

水没してしまったiPhoneAndroid

夏場でよくある水没してしまったiPhoneandroid…。
海、川、プールなどに行った際に防水ケースに入れていたけど「気づいたら中に水が入ってしまっていた」といったお問い合わせは多くあります。
また、お風呂やトイレ、洗濯機といった身の回りにも水没をする可能性がある場面も多々あります。
iPhone
Androidといった電子部品は水分が一番の天敵でもあります。
もし、内部に水が入ってしまったらどうなるのか?携帯端末が起動できなくなってしまう可能性が大いにあります!
原因としては携帯端末の内部に水が入ることにより、通電経路ではない部分に電気が通ってしまい、基板自体がショートを引き起こしてしまうといった部分です。
その為、水没してしまった携帯端末は誤反応や誤操作(タッチ不良やタッチ暴走)が起こってしまったり、カメラやマイクが使えないといった症状を引き起こしてしまう場合もあります。

 

iOSなどのシステム面で故障した端末

携帯端末はそれぞれシステムが使われており、それをアップデートすることにより端末を最新のシステム状態にして使用していきます。
iPhone
では聞いたことがある人も多い”iOS”という名前ですね。
しかし、このシステム面に異常があると端末に悪影響を及ぼします。
こういったことが起こる要因は様々です。
一部例をあげていきます。

■端末自体の容量が不足してしまっている場合

■システム更新の際にWi-Fiなどの電波が切れてしまった


といった内容が多く、当店でもよくお問い合わせをいただく内容です。
iPhone
ではリンゴループという名前で聞き覚えがある方もいらっしゃると思います。

このiPhoneを起動する時にでる画面状態がループしてしまう現象です。

システム更新によるリンゴループであれば外部装置と接続することにより作業を行うことでデータの抽出が出来る場合が多くあります。
しかし、データを保存しているチップが壊れてしまっているとデータの抽出が出来ない場合もございます。

 

基板自体が損傷してしまった起動できなくなってしまった端末

部品交換をしても直らない携帯端末が基板自体が壊れてしまっている場合がほとんどです。

こういった原因のほとんどは経年劣化です。しかし、例外もあります!それは外的損傷といった部分です。

一例であげると、
充電をしたまま動画などを見ていたといった端末自体に負荷がかかる行為をしている状態や高いところ携帯端末を落とした、地面に落とした際に車に踏まれてしまったといった携帯端末自体に強いダメージが入ってしまった状態で基板自体が損傷をしてしまう場合です。

急速充電や充電をしたままではICチップなどが焼失してしまい溶けてしまうといった可能性や強い外的損傷があるとチップ自体が壊れてしまったということが原因となってきます。

通常ではこの部分は修理対象ではない修理店舗が多いのですが、ダイワンテレコム渋谷店ではこの微細な故障を修理して修復させることができます!

 

なぜ、基板の微細な故障まで修理できるのか

ダイワンテレコム渋谷店ではなぜここまで修理対応ができるのか。
それは基板修理専門の技術者の中でもさらにトップレベルのプロの方を招集することが出来た為です。
基板修理とは非常に複雑な構造な為、修理難易度は計り知れません。
しかし、プロ中のプロの技術者がいるのでほぼすべての施工が可能となりました!

他店では基板修理不可と言われてしまったという状態のアイフォンなどの携帯端末の修理も復旧させた実績もあります。
非常に高レベルの基板修理を行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

修理可能な携帯端末の状態

・基板がサビや腐食よる重大な損壊状態

・水没や強い衝撃などによる基板の広い範囲の損壊状態

・過充電が原因による基板ICチップやコンデンサーの消失状態

などなど…広い範囲で基板修理のご対応が可能です!

基板修理価格

基板修理における価格は機種ごとに異なります。以下をご参照ください。

 

iPhone 11Pro MAX

基板修理 45,800円

 

iPhone 11Pro / 11

基板修理 42,800円

 

iPhone XS MAX

基板修理 42,800円

 

iPhoneXS 

基板修理 39,800円

 

iPhone X / XR

基板修理 39,800円

 

iPhone 8 / 8Plus

基板修理 37,800円

 

iPhone 7 / 7Plus

基板修理 35,800円

 

iPhone 6s / 6SPlus

基板修理 35,800円

 

iPhone 6 / 6Plus 

基板修理 35,800円

 

iPhone 5 / 5C / 5S / SE

基板修理 32,800円

 

基板修理時のデータに関して

基板修理の依頼をするという事はデータが欲しいというケースがほとんどです。
子供の写真を消したくない” “結婚式の写真があるといった思い出を残しておきたい…

そういったお話を聞きます。
当店としてもぜひ、お力添えをしたいと思っています。
基板修理は確かにデータを保存している領域まで直接修理をすることになるわけですが…

データを残したままの修理復旧率は95%となり、データ保存されている領域の修理となることは滅多にありませんのでご安心くださいませ!
しかし、iPhoneAndroid端末の状態によってはデータの抽出が出来ない場合もあります。

・リンゴループ状態に陥ってしまっている場合

NANDメモリーの破損


こういった状態ではデータが消えてしまう場合があります。
リンゴループ状態なってしまう原因はいろいろあります。しかし、故障してしまっている箇所がデータ保存領域となってしまいます。
基板に搭載されているデータ領域部分を交換することで再度iPhoneが起動できる状態までは修理が可能です。
しかし、データ領域を交換してしまっているのでデータ自体は消えてしまうのです。
また、NANDメモリーがショートなどが原因で壊れてしまっているとデータを残して修理を行う事はプロの技師からしても非常に困難な修復となってしまいます。

消したくない大切なデータを復旧させたい!ぜひ、ご相談下さい!

ダイワンテレコム渋谷店では通常の部品交換以外に高度な基板修理もご対応できるのが強みです。
基本的に正規メーカーの修理はデータの初期化をされた状態での対応となってしまいます。

画面操作ができない状態や起動ができない状態ではデータのバックアップが取れない為、バックアップを取っていない、取れない状態ではデータを諦めざるを得ません

しかし!当店では基板修理やのデータ残存率は95%と非常に高いです!

画面操作ができない状態や画面が真っ暗で起動しているのか分からないといった状態…基板修理ではなく画面交換をすることで復旧する場合もあります。
データを諦める前にぜひ、一度ダイワンテレコム渋谷店にご相談下さいませ。

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0041
東京都神南1丁目20−15和田ビル2階

0120-790-768

出張修理窓口

最短2日!
郵送修理受付中