高田馬場店|iPhone修理ならダイワンテレコム

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

世界のスマートフォンシェア、1位Samsung、2位Huawei、3

ダイワンテレコム高田馬場店です。市場調査企業であるStrategy Analyticsによると、2020年の1月から3月の調査で、世界のスマホシェア率は「Samsung」が1位で21 %、2位がファーウェイで17%、3位がAppleで14%、4位がXiaomiで10%、5位がOPPOで8%となっています。聞きなれたメーカーからあまりな馴染みのないメーカーまである人もいるかと思います。今回はそんな世界的スマホシェア率トップ5のメーカーをご紹介していこうと思います。

 

高性能なSamsungとapple

シェア率1位のSamsungと3位のappleはシリーズ的にも世界手に多くの人に愛用されております。appleであればiPhoneシリーズ、Samsungはgalaxyシリーズですね。両方のメーカーの特徴は高い技術力でその時に作れる最高峰のスペックを誇る端末を展開しているポイントです。値段は10万円前後の機種が多く、高いと感じる人もいると思いますが、納得のできる性能のスマホを作り続けています。

 

コスパ重視のメーカーが勢力拡大

2位のHuawei、4位のXiaomi、5位のOPPOは、どれもすべて中国のスマホメーカーです。ハイエンドモデルも展開されていますが、コストパフォーマンスに優れた製品も多く発売しております。中国国内ではこの3社を筆頭にして各スマホメーカーがスマホを開発して価格競争が起きています。そういった背景もあって優れた端末を安く販売している場合が多く、結果としてシェア率もぐんぐんと伸びています。

 

日本国内のシェア率は他国と変わっている

日本国内で生活している方は実感しづらいですが、実はスマホシェア率は世界と比較すると少し異質なのです。国産メーカーであるソニーやシャープがランキング上位にいるのは分かりますが、なんと言ってもapple製品のシェア率の高さです。日本ではスマホシェア率の約50%以上がapple製品なのです。これは日本ではハイエンドモデルのスマホが売れるというポイント。apple製品のパソコン、タブレットとともに利用する人が多いため互換性に優れたiPhoneが選ばれていると考えられます。

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259