iOS 15は「iPhone 6s」と「初代 SE」も対象⁈

こんにちは!ダイワンテレコム宇都宮店です!

 

当店では、iPhone6Sはバッテリー交換など多い機種であります。

まだ多くのユーザーがいると思われますが、発売から6年が経とうとしています。

そこで気になるのがOSバージョンアップ。

次回のバージョンアップについて、記事をご紹介します。

 

 Appleが2021年秋に「iOS 15」をリリースする、新OSについて毎年気になるのが対応機種。

iPhoneは数年前の古い機種でもOSバージョンアップに対応しており、1つのモデルを長く使えるのが魅力だ。

2020年にリリースされたiOS 14は、「iPhone 6s」と初代「iPhone SE」以降のモデルが対応したが、iOS 15ではどうなったのか。

 

 結論から言うと、iOS 15もiPhone 6sと初代iPhone SE以降のモデルが対応しており、iOS 14とiOS 15で差はないとのことです。

 

 

iOS 15の対応機種

iPhone……iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)

iPod touch……iPod touch(第7世代)

 

iPhone 6s/6s Plusは2015年9月発売、iPhone SE(第1世代)は2016年3月発売なので、

2016年秋配信のiOS 10から2021年秋配信のiOS 15まで、何と計6回ものOSバージョンアップが可能になる。

 

 この「6回」という数字は、iPhone史上最多のバージョンアップ回数となる。

2013年9月に発売されたiPhone 5sは、2014年のiOS 8から2018年のiOS 12まで5回のOSバージョンアップに対応したが、

iPhone 6s/6s PlusとiPhone SE(第1世代)はついにiPhone 5sを超えた。

 

2022年秋の新OS(iOS 16)配信まで使えると考えると、iPhone 6s/6s Plusは約7年、iPhone SE(第1世代)は6年半、現役で使えることになる。

さすがにバッテリーの交換は必要になるだろうが、最新OSをここまで長く使えるなんて便利!

 

 iPhone 6s/6s PlusとiPhone SE(第1世代)がともに搭載している「A9」チップの性能が高いということなのだろう。

どこまで記録を更新するのか注目したい。

 

 

iPhone SE(第1世代)、iPhone 6s、iPhone 6s plus。これら3機種は2022年秋までには現役でいられる。

 なお、iOS 15では、写真のテキストを認識させる「Live Text」、

地図アプリの3D表示、天気アプリの新たなアニメーションなど、A12 Bionic以降のチップを搭載したモデル限定の機能もあるので注意したい。

 

 

ダイワンテレコム宇都宮では、iPhoneバッテリー交換即日修理

最短20分~

 

source:ITmedia

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中