iOS14.7アップデートが公開 不具合や変更点、評判まとめ


[公開日:2021/07/21]

7月20日、AppleはiOS14.7を公開しました。

当記事では、最新のiOS14.7について変更点や新機能、現在までで確認されている不具合やバグを紹介します。

また、iOSアップデートを行う前に注意したいことや、iPhoneユーザーによるiOP14.7の評判なども必見です。

 

【関連記事】

iPhoneアップデートしないとどうなる?メリットとデメリットを解説

【iOS14.7】 iOSアップデートをする前に必ず注意したいこと

 

iOS14.7の変更点と新機能

iPhone 12シリーズがMagSafeバッテリーパックに対応

MagSafeでiPhoneに取り付けるモバイルバッテリー製品「MagSafeバッテリーパック」が利用できるようになりました。

対応機種はiPhone 12 / iPhone 12 mini / iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Maxです。

 

背面に貼りつくタイプのモバイルバッテリーのため、邪魔にならずに充電しながらiPhoneを使うことができます。

 

HomePodのタイマーを管理する機能が「ホーム」アプリに追加

iPhoneにプリインストールされている「ホーム」アプリを使って、HomePodのタイマーを管理できるようになりました。

設定したタイマーごとにリストで確認することができ、タイマーの停止や削除なども行うことができます。

 

天気・マップアプリで「空気質指数」が表示できる地域が拡大

iOS14.3で新機能として実装された空気質指数を表示できる機能ですが、iOS14.7では表示できる地域に「オランダ、フランス、イタリア、スペイン」が追加されています。

まだ日本では空気質指数の表示に対応していませんが、いずれかのiOSアップデートで追加されると思われます。

 

Podcastライブラリで表示される番組を切り替えられるように

Podcastライブラリにおいて、すべての番組を表示するか、フォローしている番組のみを表示するか切り替えられるようになりました。

 

Apple Musicの再生が止まる不具合が修正

Apple MusicでDolby Atmosの空間オーディオに対応する音声を再生中に、再生時間が15秒時点で再生が停止する不具合が知られていましたが、iOS14.7で修正されました。

また、Apple Musicで「プレイリストを共有」メニューオプションが表示されない不具合もあわせて修正されています。

 

iOS14.7で現在確認されている不具合やバグ

7月20日時点で、iOS14.7にて確認されている不具合・バグを紹介します。

 

一部端末でApple Watchの自動ロック解除が利用できない

iOS14.7を適用したTouch ID搭載モデルのiPhoneにおいて、ペアリングしたApple Watchの自動ロック解除が利用できない不具合が確認されています。

この機能は、Apple Watchを着けている状態でiPhoneの画面ロックを解除すると、同時にApple Watchのロックも解除されるというものです。しかし、iOS14.7ではTouch ID搭載モデルではApple Watchのロックを解除できない状態となっています。

 

不具合が確認されているモデルは以下の通りです。

iPhone 5s / iPhone 6(Plus) / iPhone 6s(Plus) / iPhone SE

iPhone 7(Plus) /iPhone 8(Plus) / iPhone SE第2世代

 

iOS14.7にアップデートする際の注意点

iOS14.7に関わらず、iOSアップデートを行う際にはさまざまな注意点があります。

iOSアップデートの失敗によりリンゴループになる、というケースは意外と少なくありませんので、大切なデータを守るためにも注意点を守ってアップデートを行うようにしましょう。

特に空きストレージ容量の確保あらかじめのバックアップ作成は必ず実施しておきたいところです。

 

iOS14.7アップデートにあたっての注意点については、以下の記事をご覧ください。

【iOS14.7】 iOSアップデートをする前に必ず注意したいこと

 

 

iOS14.7の評判は?

iOS14.6で見られた発熱・バッテリー消耗問題が解決か

iOS14.6では、iPhoneを通常利用していても異常に熱を持ち、それと同時にバッテリー残量を大きく消耗してしまうという問題が知られていました。

iOS14.7のリリースノートではこの問題についての記載はありませんでしたが、TwitterなどSNSのiPhoneユーザーによると、「発熱しなくなった」「バッテリー持ちが良くなった」などの声が見られます。

 

iPhoneの発熱やバッテリー消耗に悩まされているユーザーは、iOS14.7にアップデートすると症状が改善されるかもしれません。

 

Apple Watchユーザー、ロック解除の不具合で否定的な意見

iOS14.7で現在確認されている不具合の「Touch ID搭載iPhoneでApple Watchのロックを解除できない問題」は多くのiPhoneユーザー・Apple Watchユーザーが影響を受けているようで、不便に感じているという声が多く見受けられます。

iPhone 8以前のモデル、iPhone SE(第2世代)を使っていて、かつApple Watchをよく利用するユーザーはiOS14.7アップデートを保留したほうがいいかもしれません。

 

 

まとめ

iOS14.7は、Touch ID搭載iPhoneとApple Watchをペアリングして使用しているユーザーはアップデートを控え、そうでないユーザーはアップデートしても問題ないと考えられます。

特にiOS14.6の発熱・バッテリー消耗問題で悩まされていたユーザーによる「iOS14.7にアップデートしたら熱くならなくなった」という声が多く見られますので、積極的にiOS14.7を適用したいところです。

  

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧