「水没」から起きたリンゴループの修理

[2020/03/19]

こんにちは。

iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム大船店です。

 

画面や本体ケースが割れると多く発生するのですが、いわゆる水没をしていなくても「水没」反応が出ることがあります。

日常生活で内部に入り込んでしまう水滴の仕業であったり、温度・湿度の変化などで生じる結露、ポケットやバッグの中の湿気、手で持つことから付いてしまう汗、などが原因になることもあります。

 

このような場合、内部に入り込んだ水分を取り除いて乾燥状態を作ってあげる必要があるのですが、それがなかなか大掛かりなのです。

なぜ大掛かりかというと、フロントパネルを開けてすぐに見えている部分ばかりではなく、各種部品や基板の内部、裏側などにも水や湿気が入ってしまっている場合があり、パーツをすべて(iPhoneの心臓部である基板まで!)外して処置する必要があるからです。

(また、乾燥させるために、短くても1昼夜、できれば2~3日は乾かすことが望まれます。)

 

今回お受けしたご依頼は、いわゆる「リンゴループ」状態のiPhoneでしたが、お客さまにご事情をお聞きしてみると、どうやら「水」が原因の不具合のようでした。

お客さまご自身もネットなどで調べて色々トライされたようで、iPhoneは乾燥状態にありましたが、残るはバッテリーでした。

 

バッテリーはもちろん水に弱く、ショートして発熱(悪い場合は発火)することもあります。
古いバッテリーを注意深く外し、新しいバッテリーを付けてみると...

 

なんと!

完全に復活しました!!

 

リンゴループからの見事な復活劇で、お客さまに「まずバックアップ」を強くお勧めしたことはいうまでもありません。

iPhone内部には「水没」反応を示す赤いマークがはっきり、くっきり残っていましたが、今回は事なきを得ることができました。

 

 

iPhoneには大切なデータがたくさん入っています。

不具合でお困りの際は、ダイワンテレコム大船店までお気軽にご相談ください。

 

iPhone修理のダイワンテレコム大船店

神奈川県鎌倉市大船1-10-4 座間ビル2F

TEL:0467-55-5211

(平日)11:00~20:00

(日祝)11:00〜19:00

(土曜)定休日

 

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中