iPhoneのゴーストタッチに要注意!対処法や応急処置を紹介

「ゴーストタッチ」は、iPhoneで発生するトラブルの中でも特に厄介な症状の1つです。

iPhoneが勝手に操作されるという症状のことで、1度発生するとまともにiPhoneをタッチ操作することができなくなってしまいます。

 

当記事では、iPhone修理ダイワンテレコム新宿店でもよく相談をいただく「ゴーストタッチ」について詳しく解説を行っていきます。

 

 

ゴーストタッチとは?よくある症状

まるで見えないゴーストがiPhoneを操作しているという例えから、iPhoneに触れていないにも関わらず、勝手に画面が動く……という症状を「ゴーストタッチ」と呼びます。

 

ゴーストタッチが発生したときのトラブル例を紹介していきます。

ここで紹介するのはほんの一例で、ゴーストタッチを放置するといずれも致命的で取り返しのつかないようなトラブルに発展してしまいます。

また、症状が深刻な場合には、iPhoneのデータを初期化しなければならないという事態にもなりかねません。

お使いのiPhoneでゴーストタッチが発生していることに気付いたら、早めの対処が必要です。

 

電話アプリの通話履歴から、勝手に電話をかけてしまう

iPhoneから目を離している間や寝ている間に、勝手に電話がかかってしまう可能性があります。

自身だけでなく他人にも迷惑をかけてしまう症状で、実害は大きいと言えるでしょう。

 

知らないうちにLINEに既読をつける・スタンプを送ってしまう

LINEで友達登録をしている人のチャットに対して、勝手に既読をつけたりスタンプを送る可能性があります。

電話と同じように、他人に迷惑をかけてしまう・不審に思われてしまう症状です。

このようにゴーストタッチが発生すると、思いもよらないことが起きてしまいます。

 

「iPhoneは使用できません」の状態になってしまう

iPhoneの画面ロックを解除するためのパスコードは、複数回連続で間違って入力するとiPhoneが完全にロックされてしまいます。ゴーストタッチにより無造作にパスコードが入力されることで、iPhoneがロックされるというトラブルは決して少なくありません。

「iPhoneは使用できません」が表示されるとデータを初期化する以外に復旧の手立てはなく、iPhoneの大切なデータが失われる可能性があります。

 

文字が勝手に入力される

文字を入力しようとしたときに、上手く文字が打てない・触っていない文字が入力される、などの症状が現れます。

これにより、SNSやブラウザなどの利用に支障をきたしてしまいます。

 

ゴーストタッチが起こる原因

iPhoneのゴーストタッチは、発生する原因がいくつか考えられます。

原因を突き止めることができれば、適切な対処を行うことが可能です。

 

タッチパネル(ディスプレイ)の割れおよび不具合

ゴーストタッチが発生する原因として最も多く見られるのが、iPhoneタッチパネルの画面割れ、不具合です。

iPhoneの画面四隅、いわゆるベゼル部にはタッチ操作を感知するためのセンサーが内蔵されており、このセンサーが画面割れなどにより破損すると、ゴーストタッチが発生します。

 

重度の画面割れのときにゴーストタッチが発生するケースが多く見られますが、ひび割れ程度の軽い画面割れでも、内部に水分が侵入することでゴーストタッチが起こる可能性があるため注意が必要です。

 

また、iPhoneが水没した際にもタッチパネルが不具合を生じてゴーストタッチが発生する例があります。万が一iPhoneに大量の水をかけてしまった場合には、すぐに電源を切って十分に乾燥させるようにしましょう。

 

タッチパネルに汚れや水滴がついている

iPhoneのタッチパネルが割れていなくても、汚れや水滴が付着しているとタッチ操作の誤動作によりゴーストタッチが発生することがあります。

特に濡れた手でiPhoneを触ると一時的な「タッチ不良」や「ゴーストタッチ」が発生することが多いため、しっかりとふき取ってからiPhoneを操作するようにしましょう。

 

画面保護フィルムやスマホケースがタッチパネルに干渉している

iPhoneの画面に貼り付ける画面保護フィルムや、スマホケースがタッチパネルに触れることで、タッチの誤動作が起きている場合もあります。

iPhoneのモデルごとで専用の製品を使っていない時に発生する可能性のあるゴーストタッチで、干渉している製品を取り外すと何事もなかったように症状が改善される場合があります。

 

また、画面保護フィルム内に空気の気泡やホコリなどが混入している場合にもゴーストタッチが発生する可能性があるため、注意して貼り付けるようにしてください。

 

iPhoneが高温になっている

何らかの原因でiPhoneが発熱し、タッチパネルが誤操作を起こすことでゴーストタッチが生じることがあります。

もしお使いのiPhoneが頻繁に熱を持つということがあれば、iPhoneが高温になるときの対処法を参考に、温度を下げるための工夫を実施してみましょう。

 

iOSソフトウェアが原因のゴーストタッチ

稀なケースではありますが、iOSソフトウェアなどが原因でゴーストタッチが発生するケースもあります。一時的なものであればiPhoneの再起動で改善が可能ですが、アップデートを実施しないと直らないということも考えられます。

 

ウイルスが原因のゴーストタッチはありえる?

ゴーストタッチが発生したときには、びっくりして「iPhoneがウイルスに感染したのではないか…」と考える人も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、ウイルスが原因でゴーストタッチが起こる可能性は非常に低いと考えられます。

そもそもiPhoneはウイルスに対して非常に強いセキュリティ性能を持っており、ウイルスの感染自体を過度に恐れる必要はありません。

 

ゴーストタッチが起きたときの対処法

iPhoneでゴーストタッチが発生している状態で放置すると、先ほど説明したように深刻なトラブルに繋がる可能性があります。

そのため、勝手にiPhoneが操作されるようになったら早めに対処する必要があります。

ここからは、ゴーストタッチが起きた時にすぐ試したい対処法を紹介いたします。

 

iPhoneを強制再起動する

一時的なゴーストタッチであれば再起動で改善されることがあります。

まずはiPhoneの電源を一度切り、再度起動してみましょう。

 

ゴーストタッチが発生していると通常の手段で電源を切ることが難しい場合がありますので、タッチが効かなくてもiPhoneを再起動できる手段「強制再起動」を行います。

こちらの記事でiPhone 5からiPhone 12シリーズまでの強制再起動の手順を紹介していますので、手順が分からないという方は参考にしてみてください。

iPhoneを10秒で強制終了&再起動する方法

 

画面保護フィルムやスマホケースを取り外してみる

iPhoneのタッチパネルに干渉している可能性のある画面保護フィルムやスマホケースを一度取り外してみて、ゴーストタッチが発生するかどうかを確認しましょう。

改善されるのであれば、これらのアクセサリによって誤タッチが発生している可能性があります。

 

タッチパネルの汚れや水分をふき取る

もしタッチパネルに汚れや水滴が付着していたら、綺麗にふき取ってからタッチ操作を行ってみてください。

これらの異物は誤タッチの原因となりやすく、これをゴーストタッチとして認識しているというケースは少なくありません。

 

iOSアップデートを行ってみる

iOSソフトウェアが原因でゴーストタッチが発生する場合もあります。

画面割れがない、その他の対処法でも直らないといった場合には、iOSアップデートを実施してみましょう。

 

 

ゴーストタッチからiPhoneのデータを守るために必ずやっておきたいこと

ここまで紹介してきた対処法を試してみてもゴーストタッチが直らない場合、応急処置としてiPhoneの電源を切るようにしてください。スリープモードだけだとゴーストタッチによりスリープが解除され、勝手にさまざまな操作をされてしまいます。

 

iPhoneをタッチ操作できず通常の方法で電源を切ることができない場合には、iPhoneを強制終了させる方法をお試しください。

 

ゴーストタッチがどうしても直らない場合はiPhone修理へ

iPhoneの画面割れは、ゴーストタッチの原因として最もよく見られる原因となっていますが、この状態になると修理を実施しない限り直ることはありません。

また画面が割れていなくても、当記事で紹介してきた対処法を試しても症状が改善されない場合には、ディスプレイ部品に何らかの不具合が生じていると考えられます。このような場合も修理が必要です。

 

iPhoneの画面修理については以下の記事で詳しく紹介しています。

修理料金やApple正規店と非正規店の違いなどはこちらからご覧ください。

iPhoneの画面割れ・液晶割れを解説

 

iPhoneのゴーストタッチは、iPhone修理ダイワンテレコムなら最短30分ほどで修理対応が可能です。さらに修理後には90日間~の保証をお付けしております。

データはそのままで修理いたしますので、バックアップが取れていない・取る時間がないという方でもお気軽にご利用ください。

 

 

まとめ

iPhoneのゴーストタッチは致命的なトラブルに繋がりかねない不具合ですが、正しい対処を行うことで症状を改善し、iPhoneを使い続けることができます。

もしお使いのiPhoneにゴーストタッチが発生した場合には、端末のロックを防ぐために電源を切ったうえで、お近くのiPhone修理ダイワンテレコム店舗までご相談ください。

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧