iOS15でタッチが効かなくなるバグが発生中!改善方法は?

iPhoneタッチ操作

 

iPhone13シリーズの発売に合わせてiOS15が配信されましたが、多くのユーザーから不具合に関する報告が上がっているようです。

報告されている不具合は主に"断続的にタッチが効かなくなる""ストレージの空き容量が不自然になくなる"というもの。

現段階でのはっきりとした改善方法は示唆されていませんがどちらの不具合も使い勝手が悪くなってしまうため早めに改善してほしいですね。

 

 

タッチが効かなくなる不具合

MacRumorsによると一部の購入したばかりのiPhone13に断続的にタッチ操作が効かなくなってしまう不具合が発生しているとユーザーからの報告が相次いでいるとのことです。

この問題はiPhoneを再起動するか症状が治まるまで待つことで一時的な改善がみられるようですが、しばらくするとまたタッチが効かなくなってしまうことがあるそう。

 

iPhone13シリーズでの報告が相次いでいることから、画面のパーツに問題があるのではないかと思われていましたが、しばらくするとiOS15にアップデートした旧機種を使用しているユーザーからも同様の報告があげられるようになりました。

 

AppleからはiOS15に異常がある可能性が高く、近いうちにアップデートにより改善をすると公式に発表しているため、しばらくの間は少し手間ですが再起動をすることで凌いだほうがよさそうですね。

 

ストレージの空き容量が足りないときの通知が消えない

iPhoneではストレージの空き容量が残りわずかになると、注意喚起として通知が頻繁に出てくるようになっていますが、iOS15へアップデートしたユーザーに空き容量にまだ余裕がある状態でも通知が発生しているだけでなく、その通知を削除することができないという問題が発生しています。

 

また、通知だけではなく設定から確認できる各アプリケーションが使用しているストレージ表示にも不具合があるようで、表示されているアプリを全部合計するとiPhoneに搭載されているストレージ以上になるという不具合も発生しているようです。

 

どちらも表示がおかしくなっているだけで、ストレージの空き容量が足りないときの頻繁な再起動や動作が重くなってしまうといった症状が出ているわけではないようなので、その点は安心ですね。

 

iOSのメジャーアップデートが発表されると、こういった不具合が頻繁に報告されることは毎度のことではありますし、

この不具合に対しても近いうちにアップデートで改善されると思いますので、下手なことはせずに大人しく改善されることを待ちましょう。

 

あとはiOS15へのアップデートを検討している方もこういった問題が落ち着くまでは、しばらくアップデートをやめておいたほうがいいかもしれませんね。

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧