リンゴマークからフリーズする症状

おはこんばんにちは、今池店の菊地です。

突然iPhoneがフリーズしたり、勝手に電源が落ちる

その後アップルマークが点灯したままフリーズする

という症状になった場合の対処方法をご紹介します。

[因みに] バッテリーが原因の場合はアップルマークがループする通称【リンゴループ】(リンゴマークが点いたり、消えたりを繰り返す)になる場合が多いです。症状が浅い場合はバッテリー交換で直りますがバッテリー劣化で発生するリンゴループは基盤修理になる場合があります。(ソフトウェアが壊れていると基盤修理が不可の場合もあります)

リンゴマークが点灯したまま

まず、PC(iTunes)とライトニングケーブル(できれば純正)を用意します。

iTunesはWifi環境下であることを確認して作業スタートです。

①iTunesを立ち上げる

(A)iPhoneの電源が落ちている状態

→ホームボタン(iPhone7以降はボリュームボタンのーボタン)を押したままiPhoneをiTunesに接続する→③

(B)iPhoneの電源が入ったままの(リンゴマーク点灯)状態

→強制リセット(強制終了)を行う(やり方はこちら

電源が落ちたらホームボタン(iPhone7以降はボリュームボタンのーボタン)を押したままiTunesに接続する→③

②リカバリーモードに入る

iPhoneの画面上にiTunes接続マークが表示されます。

続いてPCのiTunes画面には「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました」とメッセージが表示されます。

③選択する

iTunes(PC)の画面上に表示された「復元」か「アップデート」のどちらかを選択します。

*復元を選ぶと初期化(データ消去)されます。

*アップデートを選択した場合でもアップデートが不可と判断された場合は復元作業に進みます。

④ソフトウェアのダウンロード

iTunesが接続されているiPhoneに対応したソフトウェアのダウンロードを開始します。ダウンロードが終わり次第更新が始まります。

*ダウンロード時間はネット接続環境により変わりますが、通常だと約15〜30分ほどで完了します。

⑤iPhone/iTunes上でデータ進行状況を確認

ステータスバーが順調に進む場合とが停止しているかのような状態になりますが、iTunes上に「アップデート中です/復元中です」など作業が進行中であるメッセージが表示されている場合は作業が進行しているので切断せずにひたすら待ってください。

⑥エラーが表示される

エラー番号が表示される場合はソフトウェア内の故障が原因だったり、接続しているケーブルが原因の場合があります。

エラーが表示された場合でも少なくとも3回同じ作業を繰り返してみてください。

それでも繰り返し同じ番号が表示された場合はその番号を今池店へお伝えください。

エラー番号により修理可能か不可能かをお伝えできることがありますがエラー番号は複数あるので当店でも修理可否の判断がつかない場合もあります。

リンゴループなどの基盤修理は今池店へ!

iPhoneの機種やiOSによって原因が様々なリンゴループが起こっています。

ハードウェアが原因の場合もあればソフトウェアが原因も場合も。

ダイワンテレコム名古屋今池店ではiPhone・iPadの基盤修理を受け付けております。

また、水没したiPhone・iPadからのデータ抽出作業も承っておりますのでお困りの際は総務省登録修理業者のダイワンテレコム名古屋今池店へお任せください。

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1-8-8今池ガスビル1F

080-9708-9037

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中