楽天が決算報告で赤字と発表。設備投資が原因か

 

 

 

 

楽天は2020年度の通期連結決算を発表しました。グループ全体での最終利益は1,141億円の赤字を計上しており、楽天モバイルの設備投資が大きな負担になったと考えられております。

 

モバイル事業が赤字を計上

楽天が発表した決算資料によると、セグメント別では「モバイル事業」の営業赤字が2,269億円となりグループ全体の収益を押し下げています。

 

読売新聞の案内によると、2000年に楽天が株式市場に上場してから今回が最大の赤字額となりました。

 

会長兼社長の三木谷氏は2023年の黒字化目標の前倒しについて言及したものの、読売新聞は「2021年度は投資が先行して赤字が続く可能性がある」とコメントしています。

 

楽天モバイルはNTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアに格安プランなどの内容に対抗して通信網を強化しており、4G向け基地局の整備等に巨額の設備投資が必要となったものと思われます。

 

楽天は決算資料において基地局の整備が進んだ結果、4G通信網の人口カバー率は74.9%に達しており、累計契約申し込み数は2月8日時点で250万件を突破したと発表しています。

割安な料金プランを提供

楽天モバイルは1月29日、新料金プランの「Rakuten UN-LIMIT VI」を4月1日から提供すると発表しています。

 

今までのRakuten UN-LIMIT Vは定額制。使用していても使用していなくても料金変動がないプラン設定となっておりました。4月から開始のRakuten UN-LIMIT VIは使った分のデータ容量によって料金変動となります。

 

 

1GBまで0円

3GBまで税別980円

20GBまで税別1980円

 

20GB超過の場合は税別2,980円となります。

 

楽天モバイルの新料金プランは、ドコモのahamoや、auのpovo、ソフトバンクのSoftBank on LINE等に対抗し、1,980円(税別)で20GBまで利用でき、20GB超過しても2980円(税別)で無制限に利用可能な格安プランとなっています。

 

国内通信各社の低料金プランによる競争が激化する中、楽天モバイルは通信網整備に多額の支出が必要となっており、今後計画通りに黒字化を達成できるのか、楽天の業績に注目が集まっています。

 

 

現在楽天モバイルだけでなく他の通信会社も料金プランを区分けしたり、 新ブランドを立ち上げ対応してきているキャリアもいます。

 

こういった価格競争やいろいろなプランを提案してくる企業は他にもありそうな感じはしますが、消費者のニーズにあったプランが今後も出てくる事を期待したいですね。

 

source:読売新聞

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内

0120-882-463

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中