iOS14 「マップ」にオービスの接近を通知する機能が追加


[公開日:2020/06/23]

iPhone修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

現地時間6月22日に開催されたAppleのWWDC 2020で「iOS14」が公開となりました。

iOS14の「マップ」アプリの新機能として、「速度違反自動取締装置(オービス)」と「信号無視抑止システム」の交通監視システムに接近すると注意を通知する機能が搭載されます。

 

iOS「マップ」でのルート案内中にオービスの接近を通知 

WWDC 2020の基調講演の場で初めて発表された新iOSバージョン「iOS14」では、「マップ」アプリの新機能が多く追加されています。

「iOS14」の新機能がApple公式サイトで既に公開されており、その中で高速道路や一般道に設置されているオービスと信号無視抑止システムの接近をユーザーに通知する機能が追加されると案内されています。

 

これらの交通監視カメラ位置を通知する機能はルート案内中に利用でき、またルート案内中以外でもマップ上で監視カメラの位置を確認することができると記されています。

 

交通監視カメラの接近通知・位置表示機能が利用できる地域は記載されておらず、iOS14正式リリース後に日本国内で利用できるかどうかは現時点では不明です。

 

日本は非対応となる可能性が……

オービスの位置を教えてくれるアプリとしては、Yahoo!Japanが無料でリリースしているアプリ「Yahoo! カーナビ」があります。

また、その他のサードパーティ製アプリでもオービスの設置個所を取得し、接近を注意するiOS向けアプリがいくつか存在しているようです。

 

Googleの提供するマップアプリ「Google Maps」では2019年からアメリカ・イギリス・デンマークなどの地域限定でオービスの位置を表示する機能が追加されていましたが、2020年6月現在日本国内においては利用できません。

 

iOSの「マップ」アプリでのオービス接近の通知機能が日本国内で利用できるかは現時点では分かりませんが、同じくApple公式サイトで紹介されている「より詳細な新しい地図」の公開は「カナダ、アイルランド、イギリス」などに限定されており、当面は同機能についても日本は非対応となる可能性があるかもしれません

source:Apple

Photo:Apple

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧