iPhoneの背面タップ機能の使い方を徹底解説!

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店です。


iOS14がリリースされてから約20日が経ちました。
様々な機能が盛り込まれ、私もインストールしましたが、未だに慣れていないです。
正直、機能が多すぎるといったところ。

そんな中気になったのが「背面タップ機能」。

今回はこの「背面タップ機能」についてご説明します。

 

「背面タップ機能」ってなんなん?

iOS14に突如登場した「背面タップ機能」

これは文字通り「背面タップ」を行うことで指定の機能が使えるというものです。

加速度センサーやジャイロセンサーにより、背面タップを検知する仕組みとなっているのと推測されています。背後からの比較的強めのタップの衝撃を感知し、指定の動作を起動させているようです。

タッチパネル式だと、新発売のiPhoneしか対応が難しいですが、iPhoneの旧機種にも搭載されている加速度センサーやジャイロセンサーを活用した新機能のため、iPhone8など3年前に発売されたiPhoneにも一部対応しています。

「背面タップ機能」の設定方法

まず設定→アクセシビリティとタップ、更にタッチをタップしましょう。





タッチの一番下に「背面タップ」と書かれた場所が。



ダブルタップとトリプルタップそれぞれに別の機能を割り当てることが出来ます。






割り当てる機能はショートカットが良いかも。

元々用意されている機能は前述の写真の通り、ハッキリ言ってわざわざ背面タップで使うほどのものではないものが多いですね・・・

しかし、自分でショートカットを作成することで好きな機能を背面タップに割り当てることが出来るようになるので背面タップを効果的に使うことができますね。

 

しかしデメリットも

背面タップ機能はそのお手軽さ故に意図しないところで起動してしまうことも。

例えば、机に置いたときや手に持ったとき。
トントンとやったダブルタップを行った覚えなどないのに、なぜか動いてしまってたり。

 

画面が点灯していなければ、背面タップは起動しない状態。
ただ、鞄やポッケに入っているときは誤爆しない可能性は低いとは思いますが、音楽再生なんかを割り当てちゃった日には勝手に音楽が流れてしまうことも。

もしくはAmazonPrimeビデオを割り当てて、映画でも流れてしまうようなことも・・・

結局使える機能なの?

基本的に便利なアプリであることは間違いでしょう。

ただダブルタップやトリプルタップを行ったあと、間違って設定したアプリが動いてしまう場合もありえますね・・・
誤爆が気になるところ画面ロックを解除しない限りは勝手に動くこともないため、アプリを使うようなショートカットにして置いた方が安心かもしれない。

まずは使って見ないことには分からないと思うので何か自分がよく使う機能を割り当てて運用してみてはいかがだろうか。

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧