水没したiPhoneXRの本体内部点検

スマホ・タブレット修理 /買取のダイワンテレコム名古屋今池店です。

本日はiPhoneXRの水没時の内部点検をご紹介します。

水没した後も起動しているが液晶内にシミが出ている症状です。

お客様よりヒアリングした所、 水没した当初は

・バイレーション振動音がガチャガチャしていた

・ラウドスピーカーの音が割れて聞こえることがあった

の症状があったとのことでした。

以上の2点と液晶パネルを見る限り、本体下からの浸水があったことが予測されます。

受付時にはこの症状は見られませんでしたがお客様からのヒアリングはとても大切な情報なので詳細がわかると大変助かります。

浸水の跡を確認

↑開けて見ると本体下(右側)がに浸水跡があります。

↑本体の左下に黄色で囲った赤いものが見えますが これは液体侵入インジゲーター(LCI)と言われており、元々は白色ですが水分を含むと赤色に変色するシールのです。

殆どのスマホやガラケーに使用されていてます。

液晶パネルの裏側(写真黄色部)にもLCIが付いてます。

 ここは無反応でしたが赤で囲った部分は浸水の跡が見られました。

TAPTIC ENGINEやラウドスピーカー周辺

↑(赤)TAPTIC ENGINE(黄)ラウドスピーカー

↑アンテナブラケットを外して見ると多少の水跡が見えました。

↑ラウドスピーカーの裏は問題ありませんでした。

↑TAPTIC ENGINEの裏も浸水跡はありませんでした。

 

 

【内部検査した結果】

本体内部の下部と液晶パネルの下部に浸水跡があり TAPTIC ENGINEやラウドスピーカーの裏までは浸水していなかったことがわかりました。 液晶内の白いシミ部分は分解できない箇所なので今後時間経過で消えるかどうかは定かではありませんが現状どの程度の浸水なのかが確認できたことは安心感にもつながりますのでお勧めいたします

(白いシミはディスプレイ交換で即時解消は可能)

水没時の内部検査はお早めに!

ダイワンテレコム名古屋今池店では

今回、ご依頼頂いたiPhoneの水没内部チェックやクリーニング

起動しない端末からのデータ抽出など常時承っております。

他にも

画面割れ・液晶不良(タッチ不良・変色など)・バックカメラレンズ割れ・カメラ交換(ピントブレ・真っ暗・フラッシュライト点かない)・基板修理(部品交換しても起動しない・充電できない・タッチ操作できない・カメラが映らない・リンゴループになるなどなど)

また、

iPhone/iPad/iPodTouch/Xperia/HUAWEI/Galaxy/

ZENFONE/ASUS/Xaomi/Nintendo Switch/

MacbookPro(バッテリー交換)などの

修理・買取も行なっております

iPhone/iPadは一部を除き即日修理可能ですがその他の修理に関しては部品お取り寄せの対応となることもありますので予めお電話などにてご確認ください。

 

皆様からのお問い合わせ・ご来店お待ちしてります。

*部品のお持ち込み修理も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

《総務省登録修理業者》【ダイワンテレコム名古屋今池店】

〒464-0850 名古屋市千種区今池1−8−8 今池ガスビル1F

地下鉄東山線/桜通線「今池駅」10番出口より徒歩1分

《営業時間》10:00~19:00

《定休日》火曜日

《LINE》 @d-nagoya

《TEL》 080-9708-9037

《MAIL》 nagoya.fix.iphone@gmail.com   

《WEB予約》エアーリザーブ 

 

 

最後まで今池店修理ブログをご覧いただきありがとうございました。 

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目8−8今池ガスビル 1F

080-9708-9037

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中