iPhoneが車のキーとなる

こんにちは。アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。

Appleが発表したiOS14とiOS13の新機能であるCar Keyについて色々と情報が発信されています。

Car Keyの機能とは

iOS14とiOS13の新バージョンで使えるようになる新機能の「Car Key」ですが、この機能はiPhoneを車のキーとして使えるようにし、車のロック、ロック解除、エンジン始動を可能にする事ができます。

全ての車種で使えるような汎用的な機能ではありませんが、対応している車両では、iPhoneをドアハンドルに近づけてロックを解除し、車内に設置したスマートフォントレイにiPhoneを置く事でエンジンを始動させる事が可能になります。

iPhone11以降の端末を所持している場合は、iPhoneをポケットから取り出してドアのロックを解除したりする必要がなく、スムーズな動作を行う事ができます。

 

Car Keyはデフォルトでは認証を必要とせず、タップするだけで機能するとの事です。

プロセスが安全であり、iPhoneと車両の間で共有されるトークンに基づいて動作します。

更にiOSはユーザーの位置情報とApple ID情報を使用して詐欺を防止します。

 

ですが、これらの機能を無効として、顔認証やTouch ID認証により車両のロック解除やエンジン始動をする設定にする事も可能です。車のデジタルキーはApple Watchに追加してさらに使いやすいものにする事もできるのです。

 

iPhoneのバッテリー残量がなくなってきたとしても、パワーリザーブモードを使用する事で、Car Keyは最大5時間動作をする事が可能となっています。

 

Car Keyを使うには

車のデジタルキーはウォレットのアプリによって管理される事になりますが、全てを機能させるためには、対応した自動車メーカーが提供するアプリもインストールする必要があります。

BMWは、「BMW Connected」アプリをアップデートし、ユーザーがiPhoneでCar Keyをセットアップできるようにしました。

 

初期セットアップでは、iPhoneと車両をNFCリーダーで接続します。

iOSが車両を識別し、自動車メーカーのアプリへデータを転送してプロセスが完了となります。

この際に、自動ペアリングのプロセスが失敗したとしても、ユーザーはアプリが自動生成したPINコードを手動入力する事で車のデジタルキーを追加する事ができます。

 

共有できるユーザーは最大で5人となっており、iMessageを使用して共有したいユーザーを招待する事ができます。その場合は、自動車へのフルアクセスを許可するのか、ドアのロック解除のみが使えるようにするのか、権限を選択して許可する事ができます。

 

互換性について

Car Keyは全てのiPhoneで使用できる機能ではなく、対応した機種によって利用が可能となります。

 

・iPhone XR

・iPhone XS

・iPhoneXS Max

・iPhone11

・iPhone11 Pro

・iPhone11 Pro Max

・iPhone SE(第2世代)

・Apple Watchシリーズ5

 

これらのiPhone、AppleWatchでの利用が可能となりますが、自動車メーカー側がCar Keyの機能に対応していなければ、もちろん利用する事はできません。

例えば、Car Keyのサポートを最初に発表したBMWは、7月1日以降に製造された車種の

「1,2,3,4,5,6,8,X5,X6,X7,X5M,X6M,Z4」のモデルを対応車種としています。

BMW Connectedアプリ内では、所持している車種が互換性があるかどうかを確認する事ができます。

 

Car KeyはiOS14の新機能として発表されましたが、iOS13.6でも利用可能となります。

現時点ではiOS13.6はリリースされていませんが、BMWアプリ内でCar Key設定が可能になった状況を見ると、正式リリースは近いのかもしれませんね。

 

 

iPhone修理のご相談はダイワンテレコム渋谷店へ

【ダイワンテレコム渋谷店】

・電話番号:0120-790-768

 ・アクセス:JR渋谷駅より徒歩3分

・ 住所 :東京都 渋谷区 神南1丁目20−15 

      和田ビル2階

source:9to5mac

Photo:9to5mac

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中