2020年第4四半期のスマートウォッチ市場はAppleが首位

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場でございます。

2020年、10月~12月のスマートウオッチ市場は、アップルが首位を維持したとアメリカのサイト、Macrumorsにて報じています。

Apple Watch 6 Seriesの発売が好調だったことが要因とのことです。

40%のシェアを獲得したApple Watch

020年第4四半期のスマートウォッチ市場におけるアップルのシェアは、前年同期の34%から40%に増加。

 




アップルはこの四半期に1,290万台のApple Watchを出荷したとのことです。
この好調さは、Apple Watch Series 6とApple Watch SEによるものとみられます。2位はSamsungで10%、3位はHuaweiで8%でした。

2020年全体で見てもAppleは首位であり、前年比19%の成長を記録しています。

市場が高価なスマートウォッチを欲するように

アップル、サムスン、といったハイエンドスマートウォッチを販売するベンダーが市場を支えているため、より高価なスマートウォッチに市場がシフトしているとのことです。




2019年に最大のセグメントであった101ドル~200ドルのスマートウォッチは2020年に7%ポイント縮小。

ですが高価な301ドル以上のセグメントは8%ポイント成長していることから、301ドル以上のカテゴリーで70%以上の圧倒的なシェアをほこるAppleに大きく助けられた形です。

source:Macrumors

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中