Apple Storeで販売のバッテリー、火災発生の危険でリコール

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム梅田店です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

スマートフォンの周辺機器メーカーとして知られるBelkin(ベルキン)は、Apple Storeで販売していたワイヤレス充電機能付きモバイルバッテリーについて、感電や火災の危険性が認められたとして自主回収(リコール)を行っています。

2020年7月から2020年10月の間に販売された一部製品が対象で、購入者は全額返金を受けることができます。

 

iPhone用ワイヤレス充電対応モバイルバッテリーで火災や感電の危険

周辺機器メーカーのベルキンは、iPhoneをはじめとしたApple製品の充電器やケーブル、アクセサリ等を販売するメーカーです。

サードパーティとはいえApple Storeでもベルキン製品を購入することができるため、知らずにベルキンの周辺機器を使用しているiPhoneユーザーも多いのではないでしょうか。

 

この度ベルキンがリコール対象としたのは、「Belkin ポータブルワイヤレス充電器+スタンドスペシャルエディション WIZ003」です。

ベルキンは対象製品について、「電源ユニットの製造上の欠陥により、充電器が誤作動して加熱し、火災や感電を生じる可能性がある」と説明しています。

 

現時点では人への被害や物的損害の事例は報告されていないようですが、同社は対象製品の購入者に向けて、すぐに使用を中止して電源を切るよう呼び掛けています

 

リコール対象製品は去年7月~10月で販売

リコール対象となる製品は2020年7月~2020年10月の間に販売され、以下のシリアル番号が記載された製品です。

シリアル番号はバッテリーバックに記載されています。

 

・35B01DO6029400-35B01DO6033704

・35B01DO5010350-35B01DO5014350

・35B01DO6016560-35B01DO6020560

・35B01DO5014500-35B01DO5020003

・35B01DO6010001-35B01DO6010500

・35B01DO6010501-35B01DO6015500

その他のベルキン製品は、リコールの対象外になります。

 

ベルキンは製品の回収を円滑に進めるべく、リコール受付用のWebフォーム(外部サイト)を公開していますが、本稿執筆現在では英語版のサイトのみの公開となっています。

source:Belkin

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中