マスクをしたままFaceIDで顔認証する方法

ダイワンテレコム六本木店です。
六本木エリアでiPhone・iPadの修理に御困りの方は是非当店にお任せください。

新型コロナウイルスの流行で日々のマスク着用は必須となっていますが、マスクを着用しているとiPhoneのFace IDを使ってロック解除ができないとの声が、多くの人々から上がっています。しかしFaceIDの登録方法を工夫することでマスクを着用した状態でもFaceIDでロックを解除することが出来るようになることが分かりました。

顔の半分だけマスクを掛けてFaceIDを登録

テンセントのセキュリティ研究員達が、iPhone11を使って、マスクを着用した状態でもFace IDでロック解除させる方法を編み出し、報告しています。顔の半分だけマスクを掛けたままFaceIDを登録するという簡単な方法で、同研究所によれば成功率は非常に高いとのことです。

以下、その方法を記します。

ステップ1:FaceIDのリセット

まず、FaceIDをすでに登録している人は、FaceIDのリセットを行います。
「設定」→「Face IDとパスコード」→「Face IDをリセット」の手順でリセットできます。

 

ステップ2:マスクを半分に折りたたんで着用

次に良く使うマスクを半分に折りたたんだ状態で片耳にのみゴムをかけます。そのままの状態だとマスクが落ちてしまうので、片方の手でマスクの下の方を抑えるようにします。この時マスクがめくれてしまうときはマスク内の針金で調整すると上手くいきやすいです。

マスクにシワが寄っていると精度が悪くなるので、シワを伸ばし口と鼻の半分をしっかり隠すことです。

ステップ3:FaceIDの登録

口と鼻をマスクで半分隠した状態にできたら、Face IDに顔を登録します。この時、マスクが口と鼻を半分以上隠しているとうまく登録できないので、少しずらすようにします。

登録は「設定」→「Face IDとパスコード」→「Face IDをセットアップ」で行います。

ステップ4:もう一つの容姿を登録する

登録が完了したら、先程登録した逆側にマスクをかけ、「設定」→「Face IDとパスコード」→「もう一つの容姿を登録する」で反対側の登録を行います。





私自身も試してみました。最初の登録では上手く行きませんでしたが、何度か登録し直すことでマスクを着用した状態でもFace IDでの認証が出来る状態になりました。

新型コロナウイルスが蔓延している現状では、少しの外出時でもマスクは必須なので皆さんもご活用してみて下さい。

source:9to5Mac

Photo:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

六本木店

106-0032
東京都港区六本木 3-11-6野沢ビル6F

03-5775-7130

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中