削除してしまったアプリを復元させる方法

何気なくスマホを触っているときに、うっかりアプリを削除してしまうことってありますよね。

いつも使っているアプリの場合、大変困ると思います。

 

削除してしまったアプリの中には、復元することが可能なものもあります。

今回は、誤って削除してしまったアプリを復元する方法を紹介します。

 

削除したiPhoneアプリを復元する方法は、

アプリの種類によって若干方法が異なります。

 

インストール済みアプリを削除した場合の復元方法

iPhone(iOS14以降)でアプリを誤って削除してしまった場合は、

まず「APP Store」をタップして起動しましょう。

 

右上の人型アイコンをタップするとアカウント画面が表示されるので、

「購入済み」をタップします。

すると、これまで購入したアプリを表示する画面が現れますので、

「自分が購入したApp」をタップしましょう。

 

次に、「このiPhone上にない」というタブをタップすると、

削除したアプリが一覧表示されます。

誤って削除してしまったアプリを選択して、

右側の雲に矢印のついたアイコンをタップすれば復元が始まります。

 

ただし、バックアップを取っていなかった場合は、

アプリ内のデータが初期化されているケースがあります。

アプリによってはクラウド上にデータが保存されるものもありますので、

普段からこまめにバックアップを取っておくと安心でしょう。

 

ちなみに、設定から「Appの削除」をオフにすることも可能です。

 

プリインストール・アプリを削除した場合の復元方法

iPhoneに最初からインストールされているApple製のアプリを削除してしまった場合は、

復元方法が若干異なるため注意が必要です。

 

こちらは、App Storeの検索に「Apple」と入力して、

復元したいアプリの雲に矢印のついたアイコンをタップすればインストールが始まります。

 

うっかり削除してしまってもこれで安心!

諦めて、最初からインストールしてしまった方はもいるのではないでしょうか。

今回は、うっかり削除してしまったアプリを復元する方法を紹介しました。

 

うっかり削除しないように気を付けるのが一番ですが、

復元方法自体は非常に簡単なので、どなたでも問題なく復元できるでしょう。

 

ただし、アプリによっては、中のデータが復元されない場合もありますので、

こまめにバックアップする習慣を付けておくと安心です。

 

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-0904
栃木県宇都宮市陽東6丁目2-1 ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中