iPhoneの空き容量をチェック!【ストレージとは】

こんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコムです。

 

iPhoneをお使いの皆様、ストレージの空き容量はチェックしていますか?

ちなみにストレージとは、

「iPhoneで"アプリのインストール"や"写真の保存"などを行うための領域」のことです。

 

空き容量が少ないと、

・iPhoneが重くなる(動作が多くなる)

・リンゴループなどの故障の原因になる

など、悪いことづくめです…。

対策は?

そんな容量不足の解消法は、大きく分けて2つあります。

 

1つめは、不要なデータを消すこと!

まず、「設定 > 一般 > iPhoneストレージ」と見ると

どのくらい空き容量があるか確認できます。

 

割合を占めている項目にもよりますが、

・使わないアプリ

・撮り間違えた写真

などを削除するのがオススメです。

 

2つめは、本体以外のストレージに保存すること!

分かりやすい例は、「iCloudストレージ」です。

「設定 > [自分の名前] > iCloud」から確認しましょう。

 

これはApple IDでサインインすることで使える機能で、

5GB分は無料で利用できちゃいます!

 

もちろん、容量が足りなくなった場合は買い足すこともできますよ。

 

 

ここまで試してみたけど、「分からない」「効果があまりない」という時は

是非当店にご相談くださいませ!

またはAppleのサポートページをチェックです(^^)/[コチラ]

iPhone修理は ダイワンテレコム横浜店へお任せください!

当店では、画面割れによる液晶画面交換修理以外にも、修理を承っております。

iPhoneを落としてしまったり、水に濡らして水没してしまった方、

突然画面が真っ暗になってしまった方!

Appleのリンゴのマークが出てきてiPhoneの操作ができなくなってしまった(通称リンゴループ)方

その他故障してしまった方!

 

どなたでもまずは、お気軽にお電話・お問い合わせくださいませ!

 

皆様のご来店をお待ちしております。

 

ダイワンテレコム横浜店

神奈川県横浜市西区南幸二丁目9-9

アネックス406

0800-800-5919

 

修理 対応機種一覧

iPhone5/iPhone5S/iPhone5C/iPhoneSE/iPhone6/iPhone6S/iPhone6 Plus/iPhone6S Plus/ iPhone7/ iPhone7 Plus/iPhone8/iPhone8 Plus/iPhoneX/iPhoneXS/iPhoneXR/iPhone11

 

主な修理内容

ガラスの修理、液晶の修理、タッチ不良の修理、フロントパネルの修理、バックライトの修理、バックパネル修理、バッテリー交換修理、アウトカメラ修理、インカメラ修理、マイク修理、音量ボタン修理、イヤースピーカー修理、スピーカー修理、電源ボタン修理、マナーボタン修理、ドックコネクタの修理、ライトニングコネクタの修理、データバックアップ、データ移行、本体クリーニング、水没修理、iosアップデート、その他修理

この記事を書いた店舗情報

横浜店

220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目9−9アネックス406

0800-800-5919

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中