iPhone修理、セルフで行うデメリット

みなさん、こんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店です!

 

「iPhoneの修理って自分でできそう!」

 なんて思っていませんか?

 

修理のやり方や必要な道具の解説など、インターネット上には既に

iPhone修理の方法が紹介されていますが、自分でiPhoneを修理するのは

危険を伴い壊してしまうリスクが大です。

 

今回は自分でiPhoneを修理したときに起こりえるデメリットを紹介します!

デメリット①粗悪品のパーツを購入してしまう

Amazonなどでは格安でiPhoneの部品が出品されていますが、

粗悪品が混じっている可能性があります。

(表記されている性能がなかったり、壊れやすい物)

 

修理に慣れている人でも取り付けを行うまでは粗悪品かどうかの

判断は難しいのです。

粗悪品のパーツを取り付けてしまったら最悪iPhone本体が壊れてしまうことも

パーツ選びは慎重に行う必要があります。

デメリット②必要な道具が結構ある

iPhoneの分解には様々な道具が必要です。

・内部にあるシールを弱める為に必要な【ヒートガン】

・ネジを取り外すための特殊な【ドライバー数種】

・コネクターの取り外しに必要な【スパッジャー】

・場合によって必要な【ピンセット】などの道具が必要になってきますが、

 これらを全て買い揃えパーツも購入すると、結局一回の修理ではお店で

 やってもらった方が安かったということがあります。

 

※当店ではこの他にも、より安全に修理する為の道具をいくつか使用しています。

 

もし何台も修理する予定がなければ、iPhone・スマホ修理店にて

修理してもらったほうが安上がりです。

デメリット③インターネットにある情報では足りない

インターネット上にはiPhoneの修理方法が解説されていますが、

どのサイトも必要不十分な解説であることが多いです。

直す方法に関して問題ないのですが、危険な箇所について詳しく解説されていない

サイトがほとんどで、バッテリーが発火する危険性や壊れやすい箇所の解説が

されていません。

 

これは修理店に勤めて何台ものiPhoneを修理した経験がないと知らないことだらけです。

結果、最悪全く電源がつかないこともあります。

 

修理を自分の手でやるか、お店に依頼するか。

コスパやリスクをふまえて考えてみてくださいね!

参考までに当店ホームページもごらんください♪

https://www.iphone-d.jp/store/asaka_store.php

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

351-0005
埼玉県朝霞市根岸台3丁目20カインズ朝霞店 2F

070-1303-2774

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中