iPhone13シリーズのCPU性能が10%~21%向上

Appleの発表会でA14 Bionicとの比較がなく心配された、A15 BionicのCPU性能に関する情報が確認されました。


 
A15はA14に対して、シングルコアで10%、マルチコアで21%性能が向上しているとが分かりました。

Geekbenchのスコアが10%~21%向上

Geekbenchに投稿されたiPhone13のCPU性能のスコアは、シングルコアが1,730、マルチコアが4,621であることが分かりました。

 

A15 BionicのCPUコア構成は、2つの構成のコアと4つの高効率コアの6コア構成です。

 

iPhone12と比較すると、iPhone12はシングルコアが1,575、マルチコアが3,832なので、A15 BionicはA14 Bionicに対し、シングルコアで10%、マルチコアで21%性能が向上していることになります。

A15 BionicのCPU性能は向上しているのか?

Appleは先日の発表会において、A15 BionicのCPU性能について「競合製品よりも50%速い」とだけ述べ、A14 Bionicとの比較結果を公表しませんでした。


 
このことから、A15 BionicのCPU性能はA14 Bionicに対してあまり向上していないのではないかとみる向きもありましたが、Geekbenchの結果を見る限りでは杞憂のようです。

source:AppleInsider

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧