iPhone14シリーズはQLC NANDフラッシュメモリ採用か

iPhone修理ダイワンテレコム池袋店でございます。
iPhone13シリーズがリリースされましたが一足早く2022年モデルのiPhone14シリーズについて台湾メディアDigiTimesが予想を報じています。

ストレージ容量増加には必須か

DigiTimesは業界関係者から得た情報として2022年モデルのiPhone14シリーズにはコスト削減の目的も含めQLC NANDフラッシュメモリが採用される可能性があると報じています。
現在、Appleは複数のNANDフラッシュメモリチップメーカーと協力して開発中との事。

QLC NANDフラッシュメモリは1セルに4つのビットを格納する事でTLC NANDフラッシュメモリやMLC NANDフラッシュメモリに比べて同じ面積でも多くの容量を確保する事が可能になるようです。


QLC NANDフラッシュメモリの採用についてWccftechは部品のコスト削減や将来的なストレージ容量増加には非常に有効だと述べています。

また新型コロナウイルスの影響による半導体不足による値上げに対しても、ある程度カバーが出来るメリットもあるようです。

果たしてiPhone14シリーズへの採用はあるのでしょうか。

 

引用元:DigiTimes

引用元:Wccftech

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧