【2022年12月】日本のiPhone・Androidのシェア率調査

[公開日:2023/05/11]
筆者: 盛岡店

皆さんこんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム盛岡店です♪
本日も10時から20時まで元気に営業しております。

皆さんはiPhoneとAndroidどちらをお使いでしょうか?

当店はiPhone修理の他にもAndroidの修理も受け付けておりますが、
当店での修理依頼は圧倒的にiPhoneが多いです。

しかしiPhoneとAndroidのシェア率を見ると日本では
人気の高いiPhoneですが、世界的に見るとAndroidの方が
人気が高いことをご存じでしたか? 

今回のブログでは
iPhoneとAndroidのシェア率調査を行い比較していきたいと思います!!!

1.日本のOSシェア率(2013年~2022年)

まずは日本のOSシェア率を見ていきましょう!
以下の表はKANTER社が調査した日本の
2013年12月から2022年12月までのOSシェア率になります。

日本ではスマートフォンと言えばiPhoneを想像するかと思います。
日本でのiPhoneの使用率は飛び抜けていて
2008年に3Gが販売になって以来、シンプルで使いやすいという点から
人気を集めています。

しかし2017年を境にAndroidのシェア率が拡大してきています。
これは2017年に「AQUOS」が日本においてシェア率トップを記録し、
「AQUOS」に続いて「Xperia」や「Galaxy」が知名度を上げていきました

日本ではソフトバンクやau、docomoなどの業者が様々なサービス競争を
iPhone製品で行った結果私たちが格安で買うことが可能になりました
iPhoneが人気を出し始めていた中Androidは機能性に優れていなかったり
新しい機能を増やしたことでAndroidの相場が高くなったことから
日本ではiPhoneユーザーが増えていきました。

2.世界的なOSシェア率

前述の通り、日本ではiPhoneが人気ですが、
世界的に見た場合Androidのシェア率が高いです。
アメリカの方ではiPhoneも人気ですがAndroidも人気が高いです。
以下の表はKANTER社が2022年12月に調査した世界のOSシェア率になります。



Androidは2010年に「T-Mobile G1」が登場しそれ以来
世界的に開発や販売が進みました。
AndroidはiPhoneに比べ品揃えや機能性が豊富で、
様々なメーカーや企業が開発や販売していたり、安いことから
iPhoneに比べて世界中の人が手に入れることができることが魅力です。

3.まとめ

今回のブログではiPhoneとAndroidのOSシェア率比較を行いました。
私たちが住んでいる日本ではスマートフォンというと
iPhoneを想像する方が多いかと思いますが実はAndroidのシェア率が高く、
世界的に見てもAndroidのシェア率が高いことがわかりました。

ドラマや映画ではandroidとiPhoneどちらが使われているか
などに注目してみても面白いですね。

当店での修理依頼はiPhoneが圧倒的に多いですが、
Androidの修理依頼も受け付けております!
お買い物やお食事のついでにお気軽にスタッフにお声がけください♪

source:KANTER社

この記事を書いた店舗情報

盛岡店

020-0034
岩手県盛岡市盛岡駅前通1−番44号盛岡フェザン 本館 1階

019-613-8665

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧