iPhone7 修理店での端末修理| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhone7 修理店での端末修理

[2017/03/14]

GIZMOOD

皆さんこんにちは!

iPhone修理 ダイワンテレコム池袋西口店です!

今回は、当店での修理事例を紹介します!

iPhone7 充電ができなくなる不良ということで

 

今回紹介する修理事例は最新機種iPhone7!

来店したお客さんはイヤホンを使用中に本体を落下させてしまい、帰宅すると充電ができなくなっていたとのことです。

今回は「iPhone7 ドックコネクタ交換」ということでご紹介します。

 

まずこちら。

本体内部の写真です(アップを目的としていなかったので角度とか適当でごめんなさい)

≪写真①≫

今までのアイフォンのシリーズと大きく違う点としては、【縦開き】から【横開き】に変わったことでしょう。

防水・防塵耐性が前作よりも強化されたことに起因するのかは不明ですが、iPhone7から本体とパネルは横開きの形で開けるようになっています。

 

≪写真②≫

徐々にパーツを外していきます…

 

≪写真③基盤≫

こちらがiPhone7の基盤部分です。

iPhone6に比べると、スリムになっている気がします。

そして、本体の内部パーツをほぼほぼ外し終わると…

 

≪写真④本体のみ≫

こちらが、ほぼiPhone7本体のみの写真です。

主要パーツはすべて取り除きました。

非常に集中力のいる作業です。

最後に、本体下部のドックコネクタ部分を交換します。

ようやくです…

大きく変わりました

 

前作までのiPhoneとは違い、ドックコネクタに関しては殆どのパーツを取り外さないと交換できません。

今までのiPhoneは30分もあれば完了した作業ですが、iPhone7からは非常に時間のかかる作業になってしまいました。

完全にリペアマン泣かせな作りです。

我々リペアマンに対する嫌がらせでしょうか。笑

 

そもそも「ドックコネクター交換修理」は

ドックコネクタ修理というのは、全シリーズ共通して言えることですが、それほど件数の多くない修理に分類されます。

「電源が入らなくなった」という不調でも、「ドックコネクタの不調で充電できず、電源が入らない」場合と、「バッテリーそのものがダメになってしまっている」場合の2パターンが考えられます。

前者の「ドックコネクタ不調による充電不良」も、コネクター部分をクリーニングすれば回復するケースもございます。

ポケットなどに入れていると、どうしても接続部に埃がたまってしまうので、充電不良を感じたらぜひ当店にてクリーニングさせていただきます。

 

それ以外の内容でも、気軽にお問合せください。

iPhone修理 ダイワンテレコム池袋西口店は皆様のiPhoneの味方です。

 

お問合せお待ちしております!

池袋西口店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ