iPhoneデータのバックアップ(保存)する方法【iCloud編】| iPhone修理のダイワン

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhoneデータのバックアップ(保存)する方法【iCloud編】

[2017/05/18]

バックアップを取る方法は3つ

バックアップとはiPhoneに入っている写真や動画などのデータを他の場所に保存することです。
保存しておかないとiPhoneが突然壊れてしまった場合(水没・故障)に全て消去されてしまい二度と復元できません。
一度消えてしまった・消してしまったデータは【データ復旧作業】でも復元することは不可能です。
このバックアップの方法は主に3つあります。
・iCloud→サーバー上に保存する
・iTunes(PC)→パソコンに保存する
・USB→USBメモリに保存する

保存方法や手順は違いますが、定期的に保存しておけばいざと言う時に復元することができるので必ず行う事をおすすめします。
今回はiCloudの保存方法に付いてご紹介します。

iCloudに保存する

iCloudを利用するにはApple IDが必要です。
(Apple IDをまだもっていない方はまず取得してください)
取得方法は→ コチラ


設定

iCloud

Apple IDを入力する

サインインする

利用規約を確認して【同意する】

(一番下)その他オプションを押します
表示されない場合は次へ進んで下さい。

【結合する】or【結合しない】
のどちらかを選びます。
*これは以前にiCloudで保存したことがある場合は今回のバックアップと
【結合する】か【結合しない】と言う選択です。

メッセージを確認して【OK】ボタンをおしてください。
以上でバックアップが完了です。


更に写真つきで分かり易く説明したSoftBankのページもありますので
是非参考にしてみてくださいね!

他のバックアップ方法は次回ブログでご紹介します!

名古屋駅前店のブログ一覧

  • お見積もりページへ
  • 郵送修理ページへ
  • 出張修理ページへ
加盟店募集店舗
iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
あんしん保証
パルモ